頭皮ケアは水分が重要!適切な水分補給で頭皮ケアする方法をご紹介

頭皮ケアは水分が重要!適切な水分補給で頭皮ケアする方法をご紹介

頭皮を若々しく健康に保つためには、水分摂取により、体の内側から潤いを補給することが欠かせません。この記事では、頭皮ケアにおいて水分量が重要な理由や頭皮の水分量を量るポイントについて紹介しています。効果的な頭皮ケアの方法についても取り扱っていますので、ぜひご参照ください。

イメージ

頭皮ケアにおいて水分量が重要な理由

頭皮ケアにおいて水分量が重要な理由には、「頭皮が乾燥すると痒みの原因になる」「皮脂の分泌が増え、ニオイの原因になる」「血流が悪くなり、頭皮への酸素、栄養が届かずに抜け毛につながる」などが挙げられます。まずは、それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

頭皮が乾燥すると痒みの原因になる

頭皮が乾燥すると、ピリピリとした痒みが生じます。なぜなら、体内の水分不足により肌表面の水分バランスが崩れ、バリア機能が低下してしまうためです。水分量が足りている正常な場合は、頭皮の表面に、水分と皮脂で構成されたバリア機能が働いており、そのバリア機能が頭皮を乾燥から守っています。しかし、バリア機能が低下してしまうと神経細胞がダイレクトに刺激を受けるようになるため、神経が活発化し、痒みを発生させてしまうのです。

皮脂の分泌が増え、ニオイの原因になる

頭皮から発生するニオイには、頭皮の皮脂量が大きく関連しています。 皮脂は髪を滑らかにしたり、頭皮を保護したりする重要な役割をしていますが、洗髪後4時間程度経過すると頭皮の毛穴に溜まってしまうという特徴を有しています。 そこからさらに、過剰分泌した皮脂やフケを餌に雑菌が繁殖し、嫌なニオイを発生させてしまうのです。

血流が悪くなり、頭皮への酸素、栄養が届かずに抜け毛につながる

全身を巡る血液は、酸素や栄養を体の末端の細胞まで運び、さらに老廃物や二酸化炭素を排出するために運び出す役割を果たしています。しかし、水分が不足している状態では、血液の流れが滞ってしまい、頭皮まで酸素や栄養を行き渡らせることができません。それにより、頭皮は正しく栄養を補給することができず、結果的に抜け毛を招いてしまうのです。


イメージ

頭皮の水分量を量るポイントをご紹介

ここまで、頭皮ケアにおいて水分量が十分な理由について見てきました。ここからは、頭皮の水分量を量るポイントについて紹介します。

乾燥していると、頭皮が硬くなる

頭皮が乾燥するとカサカサになり、やがて硬い頭皮になります。頭皮が乾燥する要因には、「過度なストレス」「栄養バランスの乱れ」「誤ったドライヤーの使用」などがあります。また、自身の体質に合っていない洗浄力の強いシャンプーを使っていると、頭皮のうるおいを守る皮脂まで洗い流され、頭皮が乾燥してしまいます。

フケが出る

フケは頭皮からでる垢のようなものです。皮膚にはターンオーバーと呼ばれる、一定の周期で古い皮膚が生まれ変わるサイクルがあります。このサイクルにより剥がれた「古い頭皮の角質」の正体がフケです。水分不足により、皮脂が少なくなることでターンオーバーのサイクルが早まり、未熟なまま剥がれた角質がフケの過剰発生へとつながります。

抜け毛が増える

抜け毛が増えることも、頭皮が乾燥していることを証明する理由のひとつです。 頭皮が乾燥して炎症やかゆみが起こり、不快感から頭皮をかきむしると、物理的な刺激によって髪が抜けてしまいます。 また、毛穴に炎症が起こると、発毛に悪影響が及び、抜け毛が増えるケースも存在します。




イメージ

頭皮ケアをする方法を6つご紹介

頭皮ケアに効果的な方法には、アルコールシャンプーの使用や食生活の見直し、保湿ローションの活用などが挙げられます。下記では、頭皮ケアの方法を6つ紹介します。

皮脂が多い人はアルコールシャンプーがおすすめ

アルコールシャンプーとは、強い洗浄成分である「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウリル硫酸ナトリウム」が配合されたシャンプーのことです。アルコールシャンプーのメリットは、洗浄力の高さと泡立ちの良さにあります。日中に発生した余分な皮脂や汚れをしっかりと落とせるため、頭皮の皮脂分泌量が多く、ベタつきやギトつきが出やすい方は特に、アルコールシャンプーをデイリー使いするのがおすすめです。

ただし、アルコールシャンプーは、その洗浄力の強さから、乾燥肌の人や頭皮の乾燥を感じやすい人には不向きです。自身の体質に適していない場合には、皮脂を落としすぎてしまう可能性があるため、注意が必要です。

タンパク質、ビタミン、ミネラルを十分に補給できる食事にする

体を作る元となるのが3大栄養素である「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」です。これらの栄養素をバランスよく摂取することも、頭皮ケアにおいては欠かせません。体と同じように、これらの栄養素が不足すると、頭皮も栄養不足で弱々しくなってしまいます。食生活が乱れがちな人は、日々の食事に気を遣ってみることから始めてみましょう。

乾かす際にドライヤーを近づけすぎない

ドライヤーの長時間使用は頭皮環境を悪化させます。特に、短時間で乾かそうと頭皮に近づけ、1箇所に集中的に温風を当てることはNGです。頭皮を熱風による乾燥から守るためにも、ドライヤーは頭皮から20cm程度離し、小刻みに振りながら使いましょう。

保湿ローションを使用する

頭皮専用のローションには、頭皮に潤いを与え、キメを整えて頭皮環境を改善する効果があります。加えて、頭皮の保護効果も高く、乾燥によるフケ・かゆみ・乾燥を押さえることが可能です。ぜひ、日々の頭皮ケアとして、取り入れてみましょう。

頭皮マッサージをする

頭皮を軽くマッサージすることも効果的な手法のひとつです。頭皮マッサージをすることにより、血行を良くする効果が期待されます。シャンプー前には、乾いた状態で頭皮を軽くマッサージしてみましょう。頭皮が柔らかくなり、血行が促進されて老廃物が流れ、必要な酸素や栄養分が細胞に行き渡りやすくなります。

肝心な水分補給を忘れない

頭皮ケアには、体の内側からのアプローチも欠かせません。つまり「水を飲むこと」がとても重要です。頭皮、そして体の健康のためにも1日2L程度の水分を取りましょう。頭皮が乾燥していることは、体全体の水分不足を意味します。頭皮にはその水分不足が、乾燥という形で現れるのです。これを避けるためにも、体にとって必要な水分をしっかりと意識して摂ってくださいね。

まとめ

今回は、頭皮ケアにおいて水分量が重要な理由や効果的な頭皮ケアの方法について紹介してきました。健康な頭皮を保つためには、肌と同じように頭皮も水分を保つことが重要です。頭皮をダメージから守るためにも、こまめに水分補給を行い、新陳代謝を活発化させましょう。

適切な水分補給で頭皮ケアをしたい貴方にはエブリィフレシャスがピッタリ!

「頭皮のためにも、ウォーターサーバーを導入して、日々の水分摂取量を増やしたい!」そんな方におすすめなのが、「エブリィフレシャス」です。

エブリィフレシャスは、ご自宅の水道水を給水するだけで、いつでもおいしい水が飲める浄水型ウォーターサーバーです。従来のボトル交換型ウォーターサーバーと違い、重い水の入ったボトルの交換をする必要がありません。また、卓上型のサーバーのため、寝室やリビングにある棚のちょっとしたスペースに設置できます。

使用するのは水道水だけで、費用はサーバーレンタル料のみと家計に優しい点もエブリィフレシャスの魅力です。おいしくて安全な水をいつでも楽しめるエブリフレシャスで、水を飲む習慣をつけ、頭皮と体の健康維持に努めましょう。

この記事をシェアする

関連記事

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意すること

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意す...

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている方、必見!!

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている...