【チャイルドロック付き】ウォーターサーバー5つをタイプ別紹介!

ウォーターサーバーは、家庭やオフィスで簡単に冷水や温水を利用できる便利な家電です。

しかし、小さなお子様がいる家庭では、誤操作による事故が心配です。

そこで重要なのがチャイルドロック機能です。

チャイルドロックは、お子様が誤って操作するのを防ぐための安全装置で、温水や冷水が簡単に出せないように設計されています。

今回は、チャイルドロック付きのウォーターサーバーをタイプ別にご紹介します。

各製品の特徴を比較し、安全で便利なウォーターサーバー選びに役立ててください。

ウォーターサーバーを選ぶ際には、安全性だけでなく、操作のしやすさやデザインも重要です。

この記事では、チャイルドロック機能の詳細や、選び方のポイントについても詳しく解説します。

それでは、さっそく見ていきましょう。

ウォーターサーバーのチャイルドロックとはどんなもの?

ウォーターサーバーのチャイルドロックは、小さな子どもが誤って操作してしまうことを防ぐための安全装置です。

この機能により、子どもが温水や冷水を簡単に出せないようになっています。

特に温水は火傷の危険性があるため、チャイルドロックの存在は重要です。

ウォーターサーバーを選ぶ際には、チャイルドロックの種類や機能をしっかり確認することが大切です。

誤操作防止のロック機能

誤操作防止のロック機能は、子どもが簡単に操作できないようにするための仕組みです。

一般的には、複数の操作を必要とすることで、誤って水を出すことを防ぎます。

例えば、レバーを押しながらボタンを同時に押す、特定の手順を踏まないと水が出ないなどの方法があります。

これにより、子どもの力や知識では操作が難しくなるため、誤操作による事故を防ぐことができます。

このような機能は、特に小さな子どもがいる家庭にとっては安心感を提供します。

経済産業省による事故防止策の指針

経済産業省は、ウォーターサーバーの安全性を高めるために、具体的な事故防止策を提言しています。

この指針には、以下のようなポイントが含まれています。

  1. 1歳以下の子どもの力ではお湯が出せない構造にすること
  2. チャイルドロックを解除する手順は2段階以上にすること
  3. 簡単にロックを解除できない仕組みにすること

これらの基準を満たしたウォーターサーバーを選ぶことで、子どもの安全を確保することができます。

また、経済産業省は定期的に事故報告を基に安全基準を見直し、最新の指針を提供しています。

このような取り組みにより、ウォーターサーバーの安全性が向上しています。

以上のように、ウォーターサーバーのチャイルドロックは子どもの安全を守るために不可欠な機能です。

各製品のチャイルドロックの特徴を理解し、最適なウォーターサーバーを選ぶことが大切です。

チャイルドロック機能4種

ウォーターサーバーには、子どもの誤操作を防ぐためにさまざまなチャイルドロック機能が搭載されています。

ここでは、代表的な4つのチャイルドロック機能について詳しく解説します。

各機能の特徴を理解することで、最適なウォーターサーバー選びに役立ててください。

2枚のレバーをつまんで下げる

このタイプのチャイルドロックは、2枚のレバーを同時につまんで下げることで水を出す仕組みです。

操作が複雑で、子どもには難易度が高いため、誤操作を防ぐ効果が高いです。

このロック機能は、多くのウォーターサーバーで採用されており、安全性が高いとされています。

具体的な操作方法は、まず左右のレバーを指でしっかりとつまみ、そのまま下に引き下げます。

この動作は、小さな子どもには力が必要であるため、簡単には行えません。

このため、誤操作防止として非常に有効です。

レバーを持ち上げて押し込む

レバーを持ち上げてから押し込むタイプのチャイルドロックも、非常に効果的です。

このタイプは、操作が2段階に分かれているため、子どもが簡単に操作できない仕組みになっています。

具体的には、レバーを上に持ち上げてから、前方に押し込む動作が必要です。

この動作は手先の器用さと一定の力が必要であるため、子どもには難しい操作となります。

また、持ち上げる動作と押し込む動作が連続しているため、複雑な動作が求められます。

このため、誤操作を効果的に防ぐことができます。

ロックボタンを押しながらレバーを押し込む

ロックボタンを押しながらレバーを押し込むタイプのチャイルドロックも人気があります。

このタイプは、まずロックボタンを押し込み、その状態でレバーを押し込む必要があります。

同時操作が必要なため、子どもが誤って操作する可能性が非常に低いです。

具体的には、ロックボタンをしっかりと押し込んで保持しながら、レバーを前方に押し込む操作が求められます。

この動作は、片手での操作が難しく、子どもが簡単に解除することはできません。

また、ロックボタンが硬く設定されていることが多いため、一定の力が必要です。

このため、誤操作防止に非常に有効です。

電子式ボタンでロックを解除する

電子式ボタンでロックを解除するタイプのチャイルドロックは、最新のウォーターサーバーに多く見られます。

このタイプは、操作が簡単でありながら、高い安全性を確保しています。

具体的には、電子制御のボタンを押すことでロックを解除し、その後に水を出すことができます。

このため、ボタンの位置や操作方法に工夫がされています。

例えば、ボタンが高い位置に設置されていたり、解除には複数のボタンを同時に押す必要があったりします。

これにより、子どもが簡単に操作できないように設計されています。

また、電子式のため、誤操作が起きにくい点も魅力です。

ウォーターサーバーを選ぶ際には、チャイルドロック機能の種類と操作性をしっかりと確認し、自分の家庭に最適な機能を持つ製品を選びましょう。

これにより、子どもの安全を守りながら、便利にウォーターサーバーを使用することができます。

チャイルドロック付きのウォーターサーバーを選ぶ基準

ウォーターサーバーを選ぶ際には、特に小さなお子様がいる家庭ではチャイルドロック機能が重要です。

安全性を確保しつつ使いやすさも兼ね備えたウォーターサーバーを選ぶためには、以下の基準に注目することが大切です。

チャイルドロックの有無・方式

まず、ウォーターサーバーにチャイルドロック機能が搭載されているかを確認しましょう。

チャイルドロック機能にはさまざまな方式がありますが、一般的には以下のようなタイプがあります。

  1. レバーをつまむ方式:2枚のレバーをつまんで操作することで、水の出し入れをコントロールします。
  2. 持ち上げて押し込む方式:レバーを持ち上げた後、前方に押し込むことで操作します。
  3. ロックボタンとレバーの同時操作:ロックボタンを押しながらレバーを押し込む必要があります。
  4. 電子式ボタン:電子制御ボタンでロックを解除し、その後に操作する方式です。

これらの方式はそれぞれメリットとデメリットがあります。

例えば、レバーをつまむ方式や持ち上げて押し込む方式は、操作が複雑であるため、子どもには操作が難しく、安全性が高いです。

一方、電子式ボタンは操作が簡単である反面、子どもが誤って操作しないように高い位置に設置されていることが多いです。

≪ チャイルドロック方式の比較 ≫

チャイルドロック方式メリットデメリット
レバーをつまむ方式操作が複雑で安全性が高い一部の大人には操作が煩雑
持ち上げて押し込む方式操作に力が必要で誤操作防止効果が高い力が弱い人には不向き
ロックボタンとレバーの同時操作同時操作が必要で安全性が高い両手を使う必要がある
電子式ボタン操作が簡単で便利電源が必要で停電時に使用できない場合がある

チャイルドロックの操作位置

次に、チャイルドロックの操作位置も重要なポイントです。

操作位置は、ウォーターサーバーの安全性と使いやすさに大きく影響します。

一般的に、操作位置は以下のように分類されます。

  1. 上部に設置:ウォーターサーバーの上部にロック解除ボタンやレバーが設置されているタイプです。子どもの手が届きにくく、安全性が高いです。
  2. 側面に設置:側面に操作ボタンやレバーがあるタイプです。上部よりも操作しやすいですが、子どもが手を伸ばしやすい位置にある場合もあります。
  3. 高い位置に設置:操作ボタンが高い位置に設置されており、子どもの手が届かないようになっています。安全性が高いですが、身長の低い大人には不便な場合があります。

ウォーターサーバーを選ぶ際には、家庭内の環境や使用者の身長に合わせて操作位置を確認することが大切です。

例えば、子どもがウォーターサーバーを操作しやすい環境に設置されている場合は、高い位置に設置されたロックボタンが最適です。

一方、子どもが手を伸ばしにくい場所に設置されている場合は、側面に設置されたロックボタンでも十分な安全性を確保できます。

以上の基準を参考にして、自分の家庭に合ったチャイルドロック付きのウォーターサーバーを選ぶことで、安心して便利に使用することができます。

安全性使いやすさを両立させたウォーターサーバーを選び、快適な生活を送りましょう。

【チャイルドロック付き】おすすめのサーバー

ウォーターサーバーを選ぶ際に重要なのが、チャイルドロック機能の有無です。特に小さなお子様がいる家庭では、安全性を確保するためにこの機能が不可欠です。

ここでは、チャイルドロック付きのおすすめウォーターサーバーを紹介します。

エブリィフレシャス

エブリィフレシャスは、デザイン性と機能性に優れた浄水型ウォーターサーバーです。

3つのモデルがあり、それぞれのライフスタイルに合わせて選べる点が魅力です。

エブリィフレシャスのモデル比較

モデル名特徴月額料金(税込)
every frecious miniコンパクトな卓上型3,300円
every frecious tall使いやすい床置き型3,300円
every frecious tall+cafeカフェ機能付き床置き型3,850円

1. every frecious mini

このモデルは卓上型で、限られたスペースに最適です。小さいながらも冷水と温水を提供し、毎日の生活に便利さをもたらします。チャイルドロック機能も搭載しており、お子様の誤操作を防ぎます。

2. every frecious tall

床置き型のこのモデルは、家庭の中心として使いやすい設計になっています。冷水、温水、常温水が利用でき、家族全員が簡単に使えるようになっています。チャイルドロック機能も完備されており、安全性を確保しています。

3. every frecious tall+cafe

こちらのモデルは、カフェ機能が追加されたタイプです。

コーヒー好きの方には特におすすめで、ボタン一つでカフェドリンクを楽しめます。

もちろん、チャイルドロック機能も装備しており、安心して使用できます。

ViVi Water

ViVi Waterは、2024年5月に発売された最新型の浄水型ウォーターサーバーです。

お客様の声を元に開発されたこのサーバーは、価格、デザイン、機能性のすべてにおいて高評価を得ています。

ViVi Waterは、3つの異なるサイズとカラーオプションが選べます。

サクラピンクはshortサイズのみで提供され、他のカラーは全てのサイズに対応しています。

サイズ料金特徴
long月額 3,300円高さ1,120mmの大容量タンクで、ファミリー向け。
short月額 3,300円高さ485mmのコンパクトなデザインで、狭いスペースにも最適。
+mist月額 3,850円longの機能そのままに、
空間除菌・消臭・加湿の噴霧付き。

ViVi Waterは、多くのユーザーに選ばれる理由があります。

第一に、浄水タンクが下部に設置されているため、注ぎ足しが簡単で、使いやすさが追求されてデザインとなっています。

    また、6段階の温度調整が可能で、冷水、常温水、温水、高温水まで、使用用途に応じて温度を設定できます。

    赤ちゃんのミルク作りにも最適です。

    そして、カートリッジの定期配送が無料であることも支持される理由の一つとなっています。

    ViVi Waterは、価格、デザイン、機能性に優れた浄水型ウォーターサーバーです。

    家族全員が安心して使えるチャイルドロック機能も搭載されており、小さなお子様がいる家庭におすすめです。

    プレミアムウォーター

    プレミアムウォーターは、日本国内で最も選ばれている天然水ウォーターサーバーです。

    多彩なモデルラインアップと優れた機能性が特徴です。

    プレミアムウォーターのモデル比較

    モデル名特徴
    famfit(ファムフィット)様々な家族の形に寄り添うウォーターサーバー
    amadanaスタンダードサーバーデザインと機能性に
    優れている
    amadanaグランデサーバーインテリアとしても
    お洒落◎
    スリムサーバーIII
    (ショート/ロングタイプ)
    スリムで場所を取らない
    コンパクトさ

    価格は、月額2,000円以下の一人暮らしの人に向けたプランから、ファミリー向けの7,000円ほどのプランまでさまざまに対応しています。

    冷温水コックには、チャイルドロックボタン・チャイルドロックボタンカバーが付いており、誤操作を防止できます。

    さらに、スリムサーバーⅢには、ダブルロックカバーがあり、ボタン操作を制限しています。

    赤ちゃんや小さなお子さんのいるご家庭におすすめです。

    コスモウォーター

    コスモウォーターは、日本国内で非常に人気の高いウォーターサーバーブランドです。

    コスモウォーターの天然水は、日本各地の採水地から直接家庭に届けられるため、新鮮さを保ったままお楽しみいただけます。

    お支払いはお水代のみで、目安としては、24Lで4,104円(税込み)です。

    また、コスモウォーターのウォーターサーバーには、完全チャイルドロックモード、簡易チャイルドロックモード、チャイルドロックフリーモードの3つのモードがあり、各家庭に最も適切なモードにすることができます。

    アルピナウォーター

    アルピナウォーターは、日本初のISO22000認証を取得したウォーターサーバーブランドで、

    安全性と品質を徹底的に追求しており、高品質なRO水を提供しています。

    アルピナウォーターの最大の魅力は、RO濾過による高純度なピュアウォーターです。

    RO濾過により99.9%の不純物が除去されているため、安全で美味しい水を提供します。

    そして、注文ノルマがなく、必要な時にだけ水を注文できるため、無駄なく利用できます。

    アルピナウォーターのウォーターサーバーは、エコサーバースタンダードサーバーの2種類があり、エコサーバーは消費電力が小さく、電気代を最大42%節約できます。

    プレミアムウォーターamadana

    プレミアムウォーターのamadanaシリーズは、デザイン性と機能性を兼ね備えたウォーターサーバーとして多くのユーザーから高評価を受けています。

    特に、生活空間に溶け込むスタイリッシュなデザインが特徴です。

    冷温水コックには、チャイルドロックボタン・チャイルドロックボタンカバーが付いており、誤操作を防止できます。

    サーバー名サイズ(mm)温度(冷水/温水)
    amadanaグランデサーバーH1,390×W392×D392冷水: 約6℃ / 温水: 約87℃
    amdanaスタンダードH1,326×W270×D330冷水: 約6℃ / 温水: 約87℃

    amadanaシリーズのウォーターサーバーは、冷水(約6℃)温水(約87℃)が瞬時に利用可能です。

    冷蔵庫で冷やす手間や、ポットでお湯を沸かす手間が省け、毎日の生活がより便利になります。

    また、コックを押すだけで簡単に水が出るため、誰でも手軽に操作できるのが魅力です。

    まとめ

    小さなお子様がいる家庭やペットを飼っている家庭では、ウォーターサーバーの選定において、安全性が求められるため、チャイルドロック機能の有無は見逃せません。

    また、日々の生活を豊かにするために、冷水・温水がすぐに使える利便性や、スタイリッシュなデザインも大切です。

    今回の内容を参考に、最適なウォーターサーバーを選んでいただければ、幸いです。

    この記事をシェアする

    関連記事

    【解説】ウォーターサーバーのチャイルドロックは不要?代表的なタイプの解除方法の違い

    【解説】ウォーターサーバーのチャイルドロックは不要?代表的な...

    【注意】ウォーターサーバーにゴキブリが住み着いてしまうかも…

    【注意】ウォーターサーバーにゴキブリが住み着いてしまうかも…

    【解説】ウォーターサーバーコンセントの取り扱い

    【解説】ウォーターサーバーコンセントの取り扱い