ウォーターサーバーのカビ予防・カビ対策を解説!

目次

ウォーターサーバーは、手軽においしい水をいつでも楽しめる便利なアイテムです。

しかし、適切に管理しないとカビが発生することがあります。

カビの発生は健康に悪影響を及ぼすだけでなく、ウォーターサーバー自体の寿命を縮める原因にもなります。

カビが発生する理由は多岐にわたり、湿度、温度、汚れ、酸素などが関係しています。

湿度が高い環境では特にカビが繁殖しやすくなり、温度が20℃から30℃の間であればさらにその成長が促進されます。

また、ウォーターサーバーが汚れているとカビが発生するリスクが高まります。

カビが発生すると、水がカビ臭くなり、ウォーターサーバーの利用が不快になるだけでなく、健康被害のリスクも高まります。

特に免疫力の低い子どもや高齢者にとっては深刻な問題です。

本記事では、ウォーターサーバーにカビが生える原因とその対策について詳しく解説し、カビを防ぐための具体的な方法を紹介します。

定期的なお手入れ適切な設置場所の選び方など、日常的に実践できる対策を知ることで、ウォーターサーバーを清潔に保ち、安心して利用できるようにしましょう。

カビが生える原因4つ

原因①:湿度

カビの発生に最も大きな影響を与えるのが湿度です。

カビは湿気を好み、湿度が高い環境では繁殖しやすくなります。

特に湿度が60%を超えると急速に成長し始め、湿度90%に達すると爆発的に増殖します。

ウォーターサーバーが設置されている場所の湿度管理は非常に重要です。

例えば、湿度の高い梅雨の時期や、加湿器を使用する冬場は特に注意が必要です。

湿気がこもりやすいキッチンや洗面所なども、カビの発生リスクが高まる場所です。

定期的に湿度を測定し、適切な湿度を保つことが、カビ対策の基本です。

原因②:温度

カビは温度にも敏感です。

一般的にカビは20℃から30℃の温度帯で最も繁殖しやすくなります。

この温度帯は人間にとっても快適な温度であり、家の中のほとんどの場所がこの範囲に入ります。

夏場や暖房を使用する冬場など、室内温度が高くなる季節は特に注意が必要です。

ウォーターサーバーの設置場所が直射日光の当たる場所や、暖房器具の近くにある場合は、温度管理が難しくなり、カビの発生リスクが高まります。

温度管理のためには、温度計を設置して定期的にチェックすることをおすすめします。

原因③:汚れ

カビは汚れを栄養源として繁殖します。

特にホコリや食べ物のカス、水垢などがカビの栄養分となります。

ウォーターサーバーの使用頻度が高いと、どうしても周囲に汚れが溜まりやすくなります。

定期的な清掃を怠ると、汚れが蓄積し、カビの温床となる可能性があります。

特に、ウォーターサーバーのボトル差し込み口や注水口、受け皿などは汚れやすいため、こまめに清掃することが重要です。

アルコール消毒や専用のクリーナーを使うと、より効果的に汚れを除去できます。

原因④:酸素

カビの繁殖には酸素も必要です。

完全な密閉状態でない限り、どこにでも酸素は存在しています。

そのため、カビを完全に防ぐことは難しいですが、酸素の供給を最小限に抑える工夫をすることは可能です。

ウォーターサーバーのボトルは、空気が入りにくいように設計されていますが、使用中に少しずつ空気が入ることは避けられません。

ボトル交換時にはすばやく行い、開口部を長時間開けっ放しにしないことが大切です。

また、ボトル自体に抗菌加工が施されている製品を選ぶと、カビの発生リスクを減らせます。

以上のように、カビの発生には湿度、温度、汚れ、酸素という4つの要因が大きく関わっています。

それぞれの要因を適切に管理し、対策を講じることで、ウォーターサーバーを清潔に保ち、カビの発生を防ぐことができます。

ウォーターサーバーの水がカビ臭い!【原因・対策】

水の賞味期限が切れている

ウォーターサーバーの水がカビ臭くなる最も一般的な原因の一つは、水の賞味期限が切れていることです。

ウォーターサーバーの水にも賞味期限が設定されており、期限を過ぎると水の品質が低下します。

賞味期限が切れた水を使用すると、カビや雑菌が繁殖しやすくなり、結果としてカビ臭が発生します。

特に未開封の状態でも保管環境によっては劣化が進むことがあります。

対策としては、ウォーターボトルの賞味期限を定期的に確認し、期限内に使用することが重要です。

また、長期間使用しない場合は、新しいボトルに交換するか、余分なボトルの注文を控えることも有効です。

さらに、開封後はできるだけ早く使用することを心がけましょう。

サーバーの電源が切れている

ウォーターサーバーの電源が切れていると、水の温度管理ができず、雑菌が繁殖しやすくなります

通常、ウォーターサーバーは冷水と温水を適切な温度に保つことで、雑菌の繁殖を抑えています。

しかし、電源が切れてしまうと、その機能が働かなくなり、水が常温に戻ってしまいます

常温の水は、カビや雑菌の繁殖に適した環境となります。

その結果、カビ臭が発生しやすくなります。

対策としては、ウォーターサーバーの電源を常にオンにしておくことが必要です。

特に長期間使用しない場合でも、電源を入れておくか、水を抜いてから保管するようにしましょう。

また、停電時や電源が切れていることに気づかずに放置すると、水の品質が劣化するため、定期的に電源の状態を確認する習慣をつけることが大切です。

ボトルの差し込みがしっかりできていない

ウォーターボトルの差し込みが不十分だと、空気が入り込みやすくなり、その結果、カビや雑菌が繁殖しやすい環境が生まれます。

ボトルの取り付けが不完全だと、密閉状態が保てず、水が外気にさらされてしまうため、カビ臭が発生するリスクが高まります。

対策としては、ウォーターボトルを取り付ける際にしっかりと差し込むことが重要です。

差し込みが甘いと感じたら、一度ボトルを外し、正しい手順で再度取り付けるようにしましょう。

また、ボトルを交換する際には、ボトル差し込み口やキャップ部分を清潔な布で拭くことも効果的です。

さらに、ボトルがしっかりと固定されているかどうかを確認するために、差し込み後に軽く揺すってみることもおすすめです。

しっかりと固定されていれば、カビや雑菌の繁殖を防ぐことができます。

お手入れされていない

ウォーターサーバーが定期的にお手入れされていないと、汚れやホコリが蓄積し、カビや雑菌が繁殖しやすくなります。

特に注水口や水受け皿、ボトル差し込み口などは汚れが溜まりやすい場所です。

これらの部分が清潔に保たれていないと、カビ臭が発生する原因となります。

対策としては、ウォーターサーバーの定期的な清掃を習慣づけることが重要です。

注水口は週に1回を目安に清掃し、アルコールスプレーや専用のクリーナーを使用すると効果的です。

水受け皿もこまめに水を捨て、汚れを取り除くようにしましょう。

また、ウォーターボトルの差し込み口や周囲も定期的に拭き掃除を行い、汚れを防ぎます。

さらに、定期的にメーカーによるメンテナンスサービスを利用することで、ウォーターサーバー全体を清潔に保つことができます。

清潔な状態を保つことで、カビや雑菌の繁殖を防ぎ、安心して使用できる環境を維持しましょう。

ウォーターサーバーにカビが生えやすい時期はいつ?

ウォーターサーバーは、季節によってカビが生えやすい時期があります。

特に湿度や温度が高い時期には、カビの発生リスクが増加します。それぞれの季節ごとの特徴と対策を知ることで、ウォーターサーバーを清潔に保つことができます。

梅雨

梅雨は一年の中でも特に湿度が高くなる時期です。

日本の梅雨は6月から7月にかけて訪れ、この期間は連日雨が降り続きます。

湿度が80%を超える日も多く、カビにとっては絶好の繁殖環境が整います。

この時期は、ウォーターサーバーの設置場所の湿度管理が非常に重要です。

湿度計を使用して、室内の湿度が高くなりすぎないように注意しましょう。

また、除湿器を使用することで湿度を下げることができます。

ウォーターサーバーの周りに湿気がこもらないよう、風通しを良くすることも大切です。

夏もカビが生えやすい季節です。

高温多湿の環境が続くため、カビの繁殖が活発になります。

特に気温が30℃を超えると、カビの成長速度が急激に増加します。

夏場は冷房を使うことが多いですが、冷房の効いた室内でも湿度が高い場合があります。

対策としては、エアコンの除湿機能を活用することが有効です。

また、ウォーターサーバーの設置場所を直射日光が当たらない涼しい場所に変更することで、温度上昇を防ぐことができます。

さらに、頻繁にウォーターサーバーの水を交換し、ボトル内の水が古くならないようにしましょう。

秋は夏の終わりから冬の始まりまでの期間を指しますが、この時期もカビが発生しやすいです。

特に9月から10月にかけては、台風の影響で湿度が高くなることがあります。

また、昼間の気温は高くても、夜間に冷え込むことで結露が発生しやすくなります。

秋の対策としては、ウォーターサーバーの設置場所を変更することが効果的です。

湿度が高くなりやすい場所を避け、結露が発生しにくい場所を選びましょう。

さらに、定期的な清掃を欠かさず行うことで、カビの発生を未然に防ぐことができます。

冬はカビの発生が少ないと思われがちですが、実際には結露の発生によりカビが生えやすい環境が作られます。

特に暖房を使用することで室内外の温度差が大きくなると、窓やウォーターサーバーの周りに結露が発生します。

冬の対策としては、結露を防ぐために適度な換気を行うことが重要です。

室内の湿度を適切に保つために加湿器を使用する場合も、湿度が高くなりすぎないように注意しましょう。

また、結露が発生した場合は早めに拭き取ることが大切です。

ウォーターサーバーの清掃も定期的に行い、カビの発生を防ぎましょう。

各季節ごとの特性を理解し、それに応じた対策を取ることで、ウォーターサーバーを常に清潔に保つことができます。

定期的なメンテナンスと適切な管理を行うことで、カビの発生を効果的に防ぐことができるでしょう。

ウォーターサーバーのカビが生えやすい場所はどこの部分?

ウォーターサーバーは便利で使いやすいですが、適切に管理しないとカビが生えることがあります。

特に、カビが生えやすい部分を理解し、定期的に清掃することが重要です。

以下では、ウォーターサーバーのカビが生えやすい場所とその対策について詳しく説明します。

ボトルの差込口

ボトルの差込口は、ウォーターサーバーの中で特にカビが生えやすい場所です。

この部分は水と空気が直接触れるため、湿気が溜まりやすく、カビが繁殖するのに最適な環境となります。

差込口にカビが生えると、水自体がカビ臭くなり、健康に悪影響を与える可能性があります。

差込口の汚れは目に見えにくいため、定期的な清掃が必要です。

対策としては、ボトルを交換する際に差込口をアルコールで拭き取ることが効果的です。

さらに、週に一度は差込口を外して洗浄し、乾燥させることをおすすめします。

カビの繁殖を防ぐためには、常に清潔な状態を保つことが重要です。

注水口

注水口もカビが生えやすい部分の一つです。

注水口は水が直接通る部分であり、常に湿っているため、カビが繁殖しやすい環境です。

特に使用頻度が高いと、細菌や汚れが付着しやすくなります。

カビが発生すると、水の味が変わったり、健康リスクが高まることがあります。

注水口の清掃を怠ると、カビが広がりやすくなります。

対策としては、毎日の使用後に注水口を清潔な布で拭き取ることが重要です。

さらに、月に一度は注水口を取り外して、中性洗剤で洗浄し、十分に乾燥させるようにしましょう。

注水口の清掃を習慣化することで、カビの発生を未然に防ぐことができます。

水の受け皿

水の受け皿は、水の滴りやこぼれを受け止めるために設置されていますが、この部分もカビが生えやすい場所です。

受け皿には水が溜まりやすく、汚れも蓄積しやすいため、カビが発生するリスクが高まります。

特に放置された水は、時間が経つと細菌が繁殖しやすくなり、カビの温床となります。

受け皿がカビで汚れると、見た目にも不衛生で、掃除の手間も増えてしまいます。

対策としては、こまめに受け皿の水を捨てることが必要です。

毎日一度は受け皿をチェックし、溜まった水を捨て、受け皿を洗浄する習慣をつけましょう。

週に一度は中性洗剤でしっかりと洗い、乾燥させることで、カビの発生を防ぐことができます。

以上のように、ウォーターサーバーのカビが生えやすい場所を理解し、定期的な清掃を行うことで、清潔な状態を保つことができます。

ウォーターサーバーに生えるカビはどんな種類?

ウォーターサーバーは定期的にメンテナンスをしないと、カビが生えることがあります。

特に湿度や温度が高い環境では、カビの発生リスクが増します。

ウォーターサーバーに生えるカビにはいくつかの種類があり、それぞれ異なる特徴と対策が必要です。

ここでは、ウォーターサーバーに生えやすい代表的なカビの種類を紹介します。

黒カビ

黒カビは、ウォーターサーバーに生える最も一般的なカビの一種です。

黒カビは湿度が高い場所や水が溜まりやすい場所に繁殖しやすく、ウォーターサーバーのボトル差込口や水受け皿、注水口周辺に見られることが多いです。

黒カビの特徴は、その黒い色湿った臭いです。

黒カビは見た目にも不衛生であり、健康にも悪影響を与えることがあります。

特に、アレルギー症状や喘息を引き起こす原因となることがあり、早急な対策が必要です。

対策としては、ウォーターサーバーの定期的な清掃乾燥が重要です。

特に、ボトル差込口や注水口は、毎回使用後にアルコールスプレーで消毒し、清潔な布で拭き取ることをお勧めします。

さらに、定期的にウォーターサーバー全体をチェックし、黒カビが発生しやすい場所を重点的に掃除することが大切です。

赤カビ

赤カビは、湿度が高く温かい環境で発生しやすいカビです。

赤カビの原因菌は、ロドトルラと呼ばれる酵母の一種で、見た目が赤やピンク色をしているのが特徴です。

赤カビは、特に水が直接触れる部分や、水滴が残りやすい場所に生えやすいです。

赤カビは黒カビほど健康に悪影響を与えることは少ないですが、見た目が不衛生であり、放置すると他の種類のカビが発生する原因となることがあります。

特に、赤カビが繁殖すると、その周辺に黒カビや他のカビが増えやすくなるため、早めの対策が必要です。

対策としては、ウォーターサーバーの水受け皿注水口を定期的に掃除することが重要です。

赤カビは水分が多い場所に繁殖しやすいため、水受け皿はこまめに水を捨てて乾燥させるようにしましょう。

さらに、注水口は週に一度取り外して、中性洗剤で洗浄し、十分に乾燥させることで赤カビの発生を防ぐことができます。

ススカビ

ススカビは、比較的見かけることの少ないカビですが、ウォーターサーバーの内部や暗い場所で発生することがあります。

ススカビの特徴は、すすのような黒灰色の見た目で、通常は湿度が高く、通気性の悪い環境で発生します。

ススカビは見た目が悪いだけでなく、健康にも影響を与えることがあります。

特に、ススカビが発生すると、その周囲に他のカビも繁殖しやすくなるため、早めの対策が求められます。

対策としては、ウォーターサーバーの内部の清掃が重要です。

ススカビは目に見えにくい場所に発生することが多いため、定期的に専門業者によるメンテナンスを依頼することをお勧めします。

また、自分でできる範囲では、ウォーターサーバーの外部を定期的に拭き掃除し、内部も可能な限り清掃するようにしましょう。

湿気がこもらないようにするために、設置場所の換気も重要です。

カビを生やさないために適切なウォーターサーバー設置場所

ウォーターサーバーを清潔に保ち、カビの発生を防ぐためには、適切な設置場所の選定が非常に重要です。

カビが生えやすい環境を避けることで、ウォーターサーバーの衛生状態を維持し、安心して使用できる環境を整えることができます。

以下では、カビを生やさないために適したウォーターサーバーの設置場所について詳しく説明します。

湿度の低い場所に設置する

湿度が高い場所はカビが繁殖しやすいため、湿度の低い場所にウォーターサーバーを設置することが重要です。

湿度が60%以上になるとカビが増殖しやすくなるため、湿度計を使って設置場所の湿度を定期的にチェックしましょう。

特に梅雨の時期や湿度が高い季節には、除湿器を使用することで湿度を下げることが効果的です。

また、エアコンの除湿機能を活用することもおすすめです。

湿気がこもりにくい場所を選ぶことで、カビの発生を防ぐことができます。

風通しの良い場所に設置する

風通しが悪い場所はカビが発生しやすくなるため、ウォーターサーバーを風通しの良い場所に設置することが大切です。

風通しが良い場所では、湿気がこもりにくくなり、カビの発生リスクを低減できます。

具体的には、窓の近くや扉を開け閉めする場所に設置するのが良いでしょう。

また、換気扇を定期的に回すことで空気の流れを確保し、湿気を取り除くことができます。

特にキッチンやバスルームの近くは湿度が高くなりやすいので避けるようにしましょう。

直射日光を避ける

ウォーターサーバーを直射日光が当たる場所に設置すると、温度が上昇し、カビの繁殖に適した環境が作られてしまいます。

直射日光が当たることで水温が上がり、雑菌やカビが繁殖しやすくなります。

ウォーターサーバーの設置場所としては、日陰になる場所や直射日光が入らない部屋の隅などが適しています。

また、カーテンやブラインドを使って直射日光を遮ることも効果的です。

特に夏場は日差しが強くなるため、設置場所には十分注意が必要です。

温度が安定している場所に設置する

ウォーターサーバーを温度変化が激しい場所に設置すると、結露が発生しやすくなり、その結果カビの発生リスクが高まります。

温度変化が少なく、一定の温度を保てる場所に設置することが大切です。

具体的には、エアコンの風が直接当たらない場所や、暖房器具の近くを避けるようにしましょう。

また、冷蔵庫やオーブンなどの家電製品の近くも避けることで、温度変化を最小限に抑えることができます。

壁との距離を確保する

ウォーターサーバーを設置する際には、壁との距離を適切に確保することも重要です。

壁に近づけすぎると、通気性が悪くなり、湿気がこもりやすくなります。

ウォーターサーバーの背面や側面にスペースを設けることで、空気の流れを確保し、湿気を防ぐことができます。

一般的には、壁から10cm以上の距離を保つことが推奨されています。

設置スペースが限られている場合でも、最低限の距離を確保するよう心がけましょう。

これらのポイントを踏まえて、ウォーターサーバーの設置場所を選ぶことで、カビの発生を防ぎ、清潔な状態を保つことができます。

適切な設置場所を選ぶことは、ウォーターサーバーの寿命を延ばし、安心して使用するために非常に重要です。

ウォーターサーバーにはこまめな掃除が大切!お手入れ方法とは?

ウォーターサーバーを清潔に保つためには、定期的な掃除が欠かせません。

カビや雑菌の繁殖を防ぐためには、こまめなお手入れが重要です。

以下では、ウォーターサーバーの各部位ごとの具体的な掃除方法について詳しく説明します。

外側のお手入れ

ウォーターサーバーの外側は、日常的に手が触れるため、汚れやすい部分です。

見た目の清潔さを保つだけでなく、衛生面でも重要です。

  1. 清掃頻度:週に一度は外側を拭くようにしましょう。特に手が触れる部分は、毎日の拭き掃除を心がけると良いです。
  2. 使用する道具:柔らかい布やマイクロファイバークロスを使用します。硬いブラシや研磨剤は傷をつける恐れがあるため避けましょう。
  3. 掃除手順
    • 布を中性洗剤を溶かしたぬるま湯で湿らせ、軽く絞ります。
    • サーバー全体を拭き取ります。特に汚れが目立つ部分は重点的に拭きます。
    • 最後に、乾いた布で水分を拭き取って乾燥させます。

注水口のお手入れ

注水口は、直接水が通る部分であり、特に清潔を保つ必要があります。

ここにカビや雑菌が繁殖すると、飲む水が汚染される恐れがあります。

  1. 清掃頻度:週に一度は注水口を取り外して洗浄することが推奨されます。使用頻度が高い場合は、さらに頻繁に掃除しましょう。
  2. 使用する道具:綿棒、中性洗剤、アルコールスプレーを使用します。
  3. 掃除手順
    • 注水口の部品を取り外し、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗浄します。細かい部分は綿棒を使って汚れを取り除きます。
    • 洗浄後は、流水でしっかりとすすぎ、乾いた布で水分を拭き取ります。
    • 最後に、アルコールスプレーで消毒し、しっかり乾燥させてから再度取り付けます。

水の受け皿のお手入れ

水の受け皿は、水滴やこぼれた水を受け止めるために設置されていますが、ここも汚れやすく、カビが繁殖しやすい部分です。

  1. 清掃頻度:水の受け皿は、毎日水を捨て、週に一度はしっかりと洗浄するようにしましょう。
  2. 使用する道具:中性洗剤、スポンジ、柔らかい布を使用します。
  3. 掃除手順
    • 受け皿を取り外し、中性洗剤を溶かしたぬるま湯で洗浄します。スポンジを使って汚れをしっかりと取り除きます。
    • 洗浄後は、流水で十分にすすぎ、柔らかい布で水分を拭き取ります。
    • 乾燥させた後、再度ウォーターサーバーに取り付けます。

ウォーターサーバーを清潔に保つためには、定期的な掃除が重要です。

こまめなメンテナンスを行うことで、カビや雑菌の繁殖を防ぎ、安心しておいしい水を楽しむことができます。

各部位ごとの掃除方法を参考にし、日常的な清掃を習慣化することを心がけましょう。

【注意】ウォーターサーバー掃除時に気を付けること

ウォーターサーバーの掃除は、清潔さを保つために欠かせない作業です。

しかし、適切な方法で行わないと、効果が半減したり、逆に故障の原因となることもあります。

ここでは、ウォーターサーバーの掃除時に特に注意すべきポイントを詳しく解説します。

使用する洗剤や道具に注意

ウォーターサーバーの掃除には、適切な洗剤や道具を使用することが重要です。

強力な洗剤や研磨剤は避け、中性洗剤を使用するようにしましょう。

強力な洗剤は素材を傷めたり、残留物が水に混入するリスクがあります。

  1. 適切な洗剤:中性洗剤を使うこと。漂白剤や酸性・アルカリ性の洗剤は避ける。
  2. 柔らかい布やスポンジ:硬いブラシや金属製のスポンジは使用せず、柔らかい布やスポンジを使用する。
  3. 専用のクリーナー:可能であれば、ウォーターサーバー専用のクリーナーを使用すると安心です。

電源を切る

掃除を行う前に必ずウォーターサーバーの電源を切ることが大切です。

電源が入ったまま掃除をすると、感電や故障のリスクがあります。

また、コンセントを抜いておくことで、掃除中の誤操作による事故も防げます。

  1. 電源オフ:必ず電源を切り、コンセントを抜く。
  2. 冷却・加熱中は注意:冷却や加熱が終わるまで待ち、内部の温度が下がってから掃除を開始する。

水分の拭き取りを徹底する

掃除の際に使用した水分をしっかり拭き取ることも重要です。

水分が残るとカビや雑菌が繁殖しやすくなり、ウォーターサーバーの衛生状態が悪化します。

  1. 乾いた布で拭く:洗浄後は乾いた布でしっかりと水分を拭き取る。
  2. 自然乾燥も併用:可能であれば、自然乾燥させて完全に乾かす。

デリケートな部分に注意

ウォーターサーバーには、デリケートな部品や電子機器が内蔵されています。

慎重に取り扱うことが求められます。

特に、注水口やボトル差込口などは壊れやすい部分ですので、優しく掃除することが重要です。

  1. 注水口やボトル差込口:取り外し可能な部品は慎重に取り外し、丁寧に洗浄する。
  2. 電子部分:電子部分には水がかからないように注意する。布で拭く際も優しく行う。

定期的なメンテナンスを欠かさない

ウォーターサーバーは定期的なメンテナンスが必要です。

長期間掃除を怠ると、カビや雑菌が繁殖しやすくなります。

また、メーカーが推奨するメンテナンススケジュールに従うことも重要です。

  1. 定期清掃:月に一度は全体の清掃を行う。注水口や受け皿などは週に一度の掃除が理想的。
  2. 専門業者によるメンテナンス:年に一度は専門業者によるメンテナンスを受けると安心です。

これらのポイントを守りながら掃除を行うことで、ウォーターサーバーを清潔に保ち、安全に使用することができます。

適切な掃除方法を習慣化することで、長期間にわたり安心して美味しい水を楽しむことができるでしょう。

【おすすめ】自動メンテナンス機能付きのウォーターサーバー

ウォーターサーバーの選び方で重要なポイントの一つは、メンテナンスの手軽さです。

特に、自動メンテナンス機能が付いたウォーターサーバーは、手間を省きながら常に清潔な状態を保つことができます。

ここでは、エブリィフレシャスとヴィヴィウォーターの2つのおすすめ自動メンテナンス機能付きウォーターサーバーについて詳しく紹介します。

エブリィフレシャス

エブリィフレシャスは、デザイン性と機能性を兼ね備えた浄水型ウォーターサーバーです。

3種類のモデルがあり、それぞれのライフスタイルに合わせた選択が可能です。

エブリィフレシャスの特長 ≫

  • 毎日の使い勝手:水道水を注ぐだけで冷水・温水・常温水が利用可能。
  • コストパフォーマンス:定額制で使用量に関係なく一定の料金。
  • メンテナンスフリー:自動メンテナンス機能があり、手間をかけずに清潔さを保てる。

モデル別料金表 ≫

モデル名月額料金(税込)特徴
every frecious mini¥3,300コンパクトな卓上型、狭いスペースでも設置可能
every frecious tall¥3,300床置き型で使いやすいサイズ、ファミリーに最適
every frecious tall+cafe¥3,850カフェ機能付きモデル、コーヒー好きにおすすめ
※初月無料

ヴィヴィウォーター

ヴィヴィウォーターは、使いやすさとエコを重視した浄水型ウォーターサーバーです。

水道水を注ぐだけで手軽に美味しい水が楽しめます。

ヴィヴィウォーターの特長 ≫

  • エコフレンドリー:プラスチックごみを削減し、環境に優しい。
  • コスト効率:サーバーレンタル費用のみで、飲み放題・使い放題。
  • 高度な浄水機能:高い浄水性能で安心・安全な水を提供。

モデル別料金表 ≫

モデル名月額料金(税込)特徴
ViVi Water long¥3,300大容量タンクでファミリー向け、料理にも便利
ViVi Water short¥3,300コンパクトな卓上型、スペースを有効活用できる
ViVi Water +mist¥3,850加湿・除菌機能付き、空間の空気もクリーンに保つ

ライフスタイルやニーズに合わせて、自分に最適なモデルを選んでみてください。

ハミングウォーター

ハミングウォーターは、水道水を浄水しておいしい水に変える浄水型ウォーターサーバーです。

その特徴や利便性を詳しく見ていきましょう。

ハミングウォーターの特徴 ≫

  • 水道水を注ぐだけ:簡単な操作で冷水・温水・常温水が利用できます。
  • 優れた浄水力:独自のWフィルターで26種類の成分を除去し、不純物をしっかりカットします。
  • 高コストパフォーマンス:1日あたり約10リットルの浄水が可能で、1リットルあたりのコストは11円と非常に経済的です。
  • メンテナンスフリー:UVランプ搭載によりタンク内を常に清潔に保ち、定期的なメンテナンスが不要です。

モデル別料金表 ≫

料金(税込)詳細
月額¥3,300その他料金は一切不要
安心サービス¥220引っ越しサービス、破損保証等

【対処法】ウォーターサーバーのカビを飲んでしまった

カビを飲んでしまった場合の初期対応

  1. 口をすすぐ:まず、カビを含んだ水を飲んでしまった場合は、すぐに口をすすぎましょう。口内に残っている可能性のあるカビを除去することが重要です。
  2. 水を飲む:その後、清潔な水を多めに飲んで、体内に入ったカビを洗い流すようにします。水を飲むことで胃腸内のカビを希釈し、症状の発現を抑える効果があります。

体調の観察と症状の確認

カビを飲んでしまった後は、体調の変化を注意深く観察することが大切です。

以下のような症状が現れる場合があります。

  • 腹痛:カビが胃腸に影響を与えると、腹痛が起こることがあります。
  • 下痢:消化器官にカビが侵入すると、下痢を引き起こす可能性があります。
  • 吐き気:カビの毒素が体内に入ると、吐き気や嘔吐を誘発することがあります。

これらの症状が出た場合は、速やかに医療機関を受診してください。

医療機関の受診

カビを飲んでしまったことによる健康被害を防ぐためには、医師の診断と指示を仰ぐことが最も確実な方法です。

特に、以下の場合にはすぐに受診することをお勧めします。

  • 強い腹痛や持続する下痢がある場合
  • 発熱や全身の倦怠感がある場合
  • 呼吸困難やアレルギー反応が現れた場合

医師は症状に応じた適切な治療を提供してくれます。

また、医師の指示に従って薬を服用することで、症状の悪化を防ぐことができます。

再発防止のためのメンテナンス

カビが生えたウォーターサーバーを再度使用する前に、徹底的な清掃と消毒を行いましょう。

以下の手順を参考にしてください。

  1. サーバーの電源を切る:まず、ウォーターサーバーの電源を切ります。
  2. タンクの洗浄:ウォータータンクを取り外し、中性洗剤とブラシを使用して洗浄します。その後、しっかりとすすいでください。
  3. 消毒:タンクや注水口、その他の部品を消毒します。消毒用アルコールや次亜塩素酸ナトリウムを使用すると効果的です。
  4. 定期的なメンテナンス:再発防止のために、定期的にウォーターサーバーのメンテナンスを行い、清潔な状態を保つようにしましょう。

【対処法】ウォーターサーバーにカビが生えた

アルコール除菌

ウォーターサーバーにカビが生えた場合、まずはアルコール除菌を行うことが効果的です。

以下の手順に従って除菌を行いましょう。

  1. 電源を切る:まず、ウォーターサーバーの電源を切ります。安全のために、必ず電源を切ってから作業を開始してください。
  2. タンクを外す:ウォーターサーバーの水タンクを外し、中の水を全て捨てます。
  3. アルコールスプレーを準備:アルコール濃度70%以上の消毒用アルコールスプレーを用意します。
  4. 全体にスプレー:カビが生えている部分を中心に、タンク内部や注水口、外側のパネルなど全体にアルコールスプレーを吹きかけます。
  5. ブラシでこすり洗い:柔らかいブラシを使ってカビをこすり落とします。カビが頑固な場合は、少し時間を置いてから再度こすりましょう。
  6. すすぎと乾燥:十分にアルコールを吹きかけた後は、清潔な水でよくすすぎ、しっかりと乾燥させます。タオルやペーパータオルで拭き取ると乾燥が早まります。

このようにしてアルコール除菌を行うことで、カビを効果的に除去することができます。

設置場所を移動

ウォーターサーバーにカビが生えやすい環境は、湿気が多く風通しの悪い場所です。

そのため、設置場所を見直すことが重要です。

以下のポイントを考慮して設置場所を移動しましょう。

  1. 風通しの良い場所:カビは湿気を好むため、風通しの良い場所にウォーターサーバーを移動させると、カビの発生を防ぎやすくなります。
  2. 直射日光を避ける:直射日光が当たる場所は、水温が上がりやすく、カビの繁殖に繋がります。日陰や間接照明のある場所が適しています。
  3. 湿度が低い場所:浴室やキッチンなど、湿度が高い場所は避け、湿度が低い場所に設置しましょう。湿度計を使って湿度を確認することも有効です。
  4. 頻繁に利用する場所:頻繁に利用する場所に設置することで、メンテナンスのタイミングを逃さず、カビの早期発見が可能です。

適切な場所にウォーターサーバーを移動することで、カビの再発を防ぐことができます。

メーカーに相談

ウォーターサーバーのカビ対策において、自己対応が難しい場合や効果が見られない場合は、メーカーに相談することをお勧めします。

以下の手順で相談を行いましょう。

  1. カスタマーサービスに連絡:ウォーターサーバーのメーカーのカスタマーサービスに連絡し、カビの状況を詳しく説明します。写真を添付することで、より正確なアドバイスを受けることができます。
  2. メーカーの指示に従う:メーカーから提供されるクリーニング方法や対策に従います。専用の洗浄剤や部品の交換が必要な場合があります。
  3. プロのクリーニングサービス:一部のメーカーでは、プロのクリーニングサービスを提供していることがあります。専門家に任せることで、より徹底的なカビ除去が期待できます。
  4. 保証期間の確認:ウォーターサーバーが保証期間内であれば、無償での対応が受けられる場合もあります。保証内容を確認し、必要に応じて活用しましょう。

メーカーに相談することで、最適な対策を講じることができ、安心してウォーターサーバーを利用することができます。

まとめ

ウォーターサーバーの利用は、日常生活を快適にするための大変便利なアイテムですが、定期的なメンテナンスを怠ると、カビの発生といったトラブルに見舞われることがあります。

カビは健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、適切な対処法を知っておくことが大切です。

ウォーターサーバーは、正しく管理することで、生活の質を高める素晴らしいアイテムとなりますので、しっかりとメンテナンスを行い、健康的な生活を楽しんでください。

この記事をシェアする

関連記事

【解説】ウォーターサーバーのチャイルドロックは不要?代表的なタイプの解除方法の違い

【解説】ウォーターサーバーのチャイルドロックは不要?代表的な...

【チャイルドロック付き】ウォーターサーバー5つをタイプ別紹介!

【チャイルドロック付き】ウォーターサーバー5つをタイプ別紹介...

【注意】ウォーターサーバーにゴキブリが住み着いてしまうかも…

【注意】ウォーターサーバーにゴキブリが住み着いてしまうかも…