水を飲むと肌がキレイに!効果を徹底解説

年齢とともに肌のカサつきが気になるようになってきたという人は、少なくないのではないでしょうか?肌にハリやツヤがない、肌荒れが頻発するようになった。そのような症状は、水分不足によって肌の水分量が低下しているサインかもしれません。

本記事では、肌をキレイに保つために水が重要な理由や水の上手な飲み方について解説しています。これを機に水分摂取についての意識を見直し、今からしっかりケアをしていきましょう。

肌を綺麗に保つためには肌の水分量が大切

肌荒れの原因は、主に体内水分量の低下によるものです。水を多く取り、体内にうるおいを与えると、肌トラブルの原因となる老廃物を排出して肌荒れが改善されます。水は美容にも効果があると言われるのは、そのためです。お水を意識的に飲んで、肌をキレイに保ちましょう。

1日どれくらいの量を飲めば良いのか

1日あたりに必要な水の摂取量は、成人の場合、およそ2.5リットルといわれています。なぜなら、私たち人間は、呼吸・食品の消化・汗などによって1日に平均1.5~2リットルの水分を失うためです。

ただし、ここで紹介した水分量はあくまで目安です。スポーツなどで体を動かした日や、夏場などはさらに多くの水を飲む必要があります。

どんな効果があるのか

水を飲むことは美容においてあらゆる効果が期待できます。うるおいのある綺麗な美肌を保つためにも。積極的に水分補給を行いましょう。下記では、水を飲むことで得られる具体的な効果について紹介します。

血流が良くなる効果がある

体内の水分量が十分であれば、血液はサラサラと流れやすくなります。反対に、体内の水分量が不足している場合は血球部分が多くなり、粘度の高いドロドロとした血液になってしまいます。

血液は体内を巡って栄養素や酸素を届け、老廃物を排出するという、代謝において重要な役割を担っています。血行がよくなることで、肌の色合いが良くなり、ツヤが生まれやすくなります。

デトックス効果がある

デトックスとは、体の中に溜まった有害な毒物を排出させることを指します。デトックスが上手くいかないと、体の中に老廃物がどんどん蓄積されていき、心身に不調が現れます。一方で、十分に水分が摂取できている状態だと、肌細胞が活性化してデトックスが促進され、体内をクリーンな状態に維持できます。

アンチエイジング効果がある

適切な水分補給は、エイジングケアにも効果的です。 加齢により新陳代謝が衰えて、肌が生まれ変わる周期が遅くなると、吹き出物の発生やシワ、くすみなどの肌トラブルを招きやすくなります。 一方、水を摂取して血流を高めると新陳代謝が上がり、そうした肌トラブルを改善できます。いつまでも若々しい肌を維持するためにも、水は重要と考えられているのです。

肌あれを予防する効果がある

普段から意識的に水を摂取することで、肌荒れを予防する効果にも期待ができます。肌は、体の中でも特に水分量が影響しやすい箇所です。そのため、水を飲む量を増やしたり、良質な水を取ることにより、肌質はみるみるうちに変わっていきます。実際に、水への意識を変えたことで、肌の調子が良くなったと感じた方は少なくありません。

便秘を改善する効果がある

便秘が発生している状態というのは、体内に水分が不足している証拠です。水分を十分にとることで便がやわらかくなり、排便がスムーズになるため、便秘が改善する場合があります。

大見出し:どんな水を飲むのが良いのか

一口に水と言っても、その種類はさまざまで、どのような水質の水を飲むかによっても、効果は変わってきます。ここでは、水の具体的な種類やどのような水を飲むのが良いのか、そのポイントについて紹介します。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターとは、ナチュラルミネラルウォーターを原水とした清涼飲料水のことです。

ミネラルウォーターには塩素が使われていないため、水道水よりも飲みやすく、味もおいしく感じられます。また、下記で紹介する「硬水」や「軟水」をはじめ、各飲料水メーカーからさまざまな種類の商品が販売されているため、自分好みのものを選択できます。

硬水

硬水は、カルシウムやマグネシウムを豊富に含む水のことで、軟水に比べると、ややクセのある口当たりをしています。

人によっては苦味を感じることもありますが、カルシウムやマグネシウムが多量に含まれことから、汗をかいたあとのミネラル補給に最適です。特に、日本人はミネラルが不足しがちなため、手軽にミネラルを補給できる方法とも言えるでしょう。

ただし、マグネシウムには水分を抱える性質があるため、摂取し過ぎると下痢をする可能性があります。そのため、初めて硬水を飲む際には硬度が高すぎないものを選び、徐々に体を慣らしていくのがおすすめです。

軟水

「軟水」とは、カルシウムやマグネシウムの金属イオン含有量が多い水のことで、クセが無く、口当たりが良いことで知られています。硬水のように独特な匂いや舌触りがないため、人を選びません。

現在、国内で流通している水のほとんどは軟水で、蛇口から出る水道水も、軟水が採用されています。そのため、日本人にとっては最も馴染み深い水質と言えるでしょう。

また、軟水は保湿効果が高く、入浴後は肌がつっぱらないといった利点もあります。

炭酸水

炭酸水とは、二酸化炭素(炭酸ガス)が含まれた水のことです。炭酸水を飲むと、胃腸の血管が刺激を受けて胃の粘膜を活発にしてくれます。そのため、起床後すぐに炭酸水を飲むことで老廃物の排出がスムーズになります。

また、炭酸水は胃に膨満感をもたらす効果もあります。そのため、食前に300~500ミリリットルほど飲むと食欲抑制に役立ちます。

上手な飲み方

ここまで、肌をキレイに保つために必要な水分量や水を飲むことで得られるメリットについてお伝えしてきましたが、より美肌効果を高めるための飲み方が存在します。ここでは、体に良いとされている水の上手な飲み方を紹介します。

汗をかくタイミングで飲む

汗には、身体の体温が上がった時に、体内の水分を汗として放散させることで体温を一定に保つ役割があります。つまり、汗をかくことによって体内からは水分が失われます。

汗をかいたのに水分補給をしないでいると、脱水状態に陥り、立ちくらみや意識障害などの不調を起こすことがあります。そのため、汗をかくことが予測される場合には、前もって水分補給をしておくことが重要です。

常温で飲む

水を飲む際は、あまり冷たい水は飲まないようにすることもポイントです。冷たすぎる水は、胃に過度な負担がかかり、体調に悪影響を及ぼしかねません。また、冷水を大量に飲むと、腹痛を引き起こす可能性があります。そのため、水を飲む際は、常温水を飲むようにしましょう。

常温で毎日飲むならエブリー

「手軽にミネラルウォーターを飲みたい」という場合は、ウォーターサーバーの利用がおすすめです。

浄水型ウォーターサーバーの「エブリシャス」は、常温できれいな水を毎日飲みたい人にピッタリの製品です。水道水を注ぐだけで、簡単に安心安全でおいしい水をつくれるため、家計に優しく経済的です。

温度の設定は、冷水・ECO冷水・ECO温水・常温水・温水・高温水の6段階から設定できます。ボタンを押すだけで簡単に好みの温度に調整できるので、その日の気分や用途によって使い分けられます。

就寝前や起床時に飲む

就寝中は、汗を多くかいているため、水分不足に陥りやすい傾向にあります。就寝中の水分不足を防いだり、就寝中に失った水分を補ったりするためには、寝る前や起床時にコップ1杯程度の水を飲むのがおすすめです。

まとめ

水には美肌作りに適した美容効果があります。どれだけ高い化粧品を使っても、体内の水分が不足した状態では期待通りの効果を得難くなってしまいます。水を意識的に飲んで、体内から美人を目指しましょう。

エブリーで毎日水を飲んで美肌に

「新鮮でおいしい水を飲みたい」という方には、エブリィのウォーターサーバーがおすすめです。エブリィは、水道水を注ぐだけで使える、浄水型ウォーターサーバーです。ご自宅の水道水を、専用の貯水タンクに注ぐだけで、毎日おいしい水をお楽しみいただけます。

水の温度は、ボタンひとつで操作できるため、手間いらずな点もエブリィの魅力です。今ならお得な乗り換えキャンペーンも実施しておりますので、少しでも気になった方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事をシェアする

関連記事

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意すること

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意す...

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている方、必見!!

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている...