水にびっくりするほどの美容効果が!これを読んで上手に水を飲もう

人間の生命に必要不可欠である水を飲むことで、健康効果だけでなく美容効果も期待できます。水は毎日飲むものであり、体に好影響を与えるためには、飲み方や飲むタイミングなどをこだわってみたいものです。

本記事では、水が体にもたらす影響や効果、おすすめの飲み方などを詳しく紹介します。水を飲んで、健康な生活を目指してみませんか。

水がどんな影響を体に及ぼすのか

普段何気なく飲んでいる水は、汗をかいたり排泄したりするだけでなく、呼吸によっても身体から失われます。水の役目として、主に次の内容があげられます。

  • 血液の成分となって酸素や栄養素を運ぶ
  • 汗を出すことで体温を維持・調節する
  • 老廃物を尿にかえて排出する

体から水が減っていくと、上記の役割を果たせなくなり、美容面では肌のターンオーバーができなくなり、肌や髪の乾燥が目立つようになってきます。健康面を見ると、血液がドロドロになることで血行不良を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞などの原因になるのです。

水は、生命を維持するのにとても重要な役割を果たしています。健康や美容を意識するのであれば、意識して水分を摂ることが第一歩です。

体の約60%は水分

人間の体は、体重のおよそ60%を水分が占めています。乳児であればおよそ80%と、割合はさらに高くなります。年齢を重ねるにつれて数値は少しずつ減少し、高齢になると50%程度まで減ってしまうのです。肌のハリが失われてしまうのは、水分量の減少が原因となっています。

水が体中を流れ続けていることで、体内機能が正常に働いています。体に含む水分量には個人差があるものの、肥満気味の人よりも痩せている人の方が、水分量の割合が高いとされています。筋肉に多くの水分を含んでいるためであり、活動的な生活を送るのに水が大切だと分かります。

水を飲むことで得られる効果

毎日適切に水を飲むことで、体に良い効果が数多く期待できます。具体的な効果の内容を、ひとつずつ見ていきましょう。

血の流れが良くなる

血液がドロドロになると、血行不良を起こすと先述しました。これは、血液の成分のうち、赤血球のおよそ60%・血漿のおよそ90%は水からできているためです。

血液濃度が高くなっている状態で水を飲むと、血液に水が送られドロドロからサラサラの状態に戻すことができます。その結果、血管内にある脂質や老廃物などが排出され、血液循環も良くなるのです。

肌荒れ予防

肌の状態は、体内の水分量を反映しており、水を飲むことで肌荒れ予防も期待できます。水分量が減り、血行が悪くなると、生き生きとした肌を保つために必要な酸素を運べなくなってしまいます。そうなると、肌に栄養が届かなくなり、肌荒れの原因となるのです。

肌荒れは、外側からのケアだけで改善できるとは限らず、体の内側から水分を補給することも大切です。

肌の保湿力が上がる

肌の保湿力が下がってしまうと、肌の乾燥だけでなく、シミやくすみなどができてしまいます。化粧水や美容液は、肌表面の保湿ケアはできますが、保湿力が弱まった肌に塗っても、奥までは浸透しないのです。水を飲んで、体の内側から水を補給することで、肌の保湿力を上げる効果も期待できます。

保湿力を支えているのはヒアルロン酸ですが、年齢を重ねるにつれてヒアルロン酸の量は減少します。さらに、体内に水銀が溜まると、ヒアルロン酸ができにくくなってしまうのです。水を飲んで、水銀を体外へ出すと、保湿力が上がります。

新陳代謝が良くなる

体内の水分量が少ないと、汗として出せる水分が足りないため、汗が十分にかけなくなります。水を飲むと、汗が出るようになるうえ、血液がスムーズに流れ、栄養素が体中にいきわたるようになり、老廃物が排出されるため新陳代謝が良くなります。

「水を飲むと痩せる」と言われることがありますが、決して怪しい理由ではなく、代謝が良くなるために痩せられるとの意味なのです。

便秘を改善

水を飲むと、腸の活発な活動により便意が起こりやすくなります。特に、朝起きてすぐコップ1杯の水を飲むことで、便が水分を含み柔らかくなって排便しやすくなり、便秘の解消につながります。

便秘の改善には、食物繊維だけでなく、水を飲むのも効果的です。これは、水に含まれるマグネシウムが、腸に水を集める働きを持っているためです。便秘体質の方は、水分不足となっているケースが多いため、水分補給を心がけましょう。

むくみを改善

水を飲むと、体がむくむのではないかと思っている方が多いのですが、実は体液の循環を促すため基礎代謝が上がり、むくみの改善が期待できます。水分の摂取を控えてしまうと、血液やリンパなどの流れが悪くなり、むくんでしまうのです。

むくみの改善をめざすには、血行を良くすることが第一歩であり、水を飲むことから始めましょう。

上手な飲み方とは

水は、体にとってとても良い効果が期待できることが分かりました。紹介した効果を少しでも高めるには、上手に水を飲む心がけが大切です。どのように飲めばいいのか、ポイントを解説します。

1日に約2リットルを目安に飲む

体重によって若干異なるものの、摂取する水は1日におよそ2Lが目安です。思ったより多いと思われるかも知れませんが、無意識のうちに体から水分が出ていくため、2Lを目安に摂取しましょう。

コーヒーなどのカフェインを含んだ飲み物やアルコールなどは、利尿作用があるため体内の水分が失われやすくなります。ジュースを大量に飲んでしまうと糖質過多につながり、体に悪影響をおよぼします。水以外では、麦茶やハーブティー、ルイボスティー、黒豆茶なども、カフェインが入っていないのでおすすめの飲み物です。

常温が良い

水を飲むときは、常温で飲みましょう。入浴後や夏の暑い日などは、つい冷たい水を飲みたくなりますが、内蔵が冷えてしまうため、あまりおすすめできません。内蔵の冷えは、冷え性や便秘の原因ともなり、体に負担がかかります。

常温は、人の体温に近い37℃から40℃の温度であり、消化器官に負担をかけずにゆっくりと体内に吸収されます。一度にたくさん飲んでも、吸収されずに大半が尿として排出されてしまうため、こまめに分けて飲むことが大切です。

常温で綺麗な水が毎日飲めるエブリィ

浄水器のエブリィを使うと、常温できれいな水を毎日飲め、健康的な生活に役立てられます。水道水を注ぐだけで冷温水が使えるため、飲みたい飲み物がすぐに口にできます。

温度の設定は、冷水・ECO冷水・ECO温水・常温水・温水・高温水の6段階から設定可能です。ボタンを押すだけの簡単設定ですので、その日の気分や用途によって合わせられます。飲み水には、ぜひ常温水を活用しましょう。

起きたらすぐ飲む

人は、睡眠中に多くの汗をかいています。また、朝は胃腸などの内蔵機能もうまく働かないため、水を飲んで体全体に水を行きわたらせる必要があります。

空腹の状態で水を飲むと、胃腸に刺激が与えられ「胃結腸反射」という現象が起こります。水により胃が膨らむことで大腸も動き出し、便意が催されるのです。

全身の働きを良くするために、朝起きたらすぐ、コップ1杯の水を飲むように心がけましょう。

汗を流すタイミングで飲む

お風呂やサウナなどで汗を流すのは、体内の水分が失われる状態を意味します。水分不足に陥るのを防ぐには、入る前に水を飲みましょう。発汗の促進により、老廃物を排出しやすくなります。血流を良くするために、出てからも忘れずに水を飲みましょう。

運動するときの水分補給は、運動開始前・運動中・運動後とそれぞれのタイミングで、少しずつ分けて飲む行動が大切です。喉が渇いたと感じる前に水を飲むことが、体内の水分不足を防ぐポイントです。

まとめ

本記事で紹介してきたように、水を正しく摂取すると、美容面や健康面において大きな効果が期待できます。こまめに水を飲む習慣を身につけ、快適な毎日を送りましょう。

エブリィなら定額制&浄水型で気にせず飲める

浄水器のエブリィは、飲みたいときにいつでも水分補給ができるウォーターサーバーです。水道水を注ぐだけの簡単操作で、ボトルの残量を気にすることなく、少ない手間でたっぷり使えます。床置き型・卓上型のどちらも定額制での利用ですので、家族みんなで使ってみませんか。

この記事をシェアする

関連記事

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意すること

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意す...

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている方、必見!!

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている...