水道水浄水型ウォーターサーバーの利点・欠点を詳しく解説!

ウォーターサーバーは、便利で手軽に美味しい水を提供するアイテムとして、多くの家庭やオフィスで利用されています。

その中でも、水道水浄水型ウォーターサーバーは、特に注目を集めています。

水道水をろ過して、安全で美味しい水を提供するこのタイプのウォーターサーバーは、環境に優しいだけでなく、コストパフォーマンスにも優れています。

本記事では、水道水浄水型ウォーターサーバーの利点欠点を詳しく解説し、どのような家庭やライフスタイルに最適かを検討します。

さらに、人気のある水道水浄水型ウォーターサーバー10選も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。


水道水浄水型ウォーターサーバーの利点

定額で好きなだけ飲める

水道水浄水型ウォーターサーバーの最大の利点の1つは、定額制で好きなだけ飲めることです。

通常、ウォーターサーバーを利用する際には、天然水のボトルを購入する必要がありますが、

水道水浄水型ウォーターサーバーでは水道水を利用するため、毎月一定の料金で無制限に水を使用することができます。

これにより、家族が多い家庭や、大量の水を消費するオフィスなどでは、非常に経済的です。

また、天然水型ウォーターサーバーと比べて、コストパフォーマンスが非常に高いという点も魅力です。

ウォーターボトルの交換をする必要がない

次に、ウォーターボトルの交換が不要という点も、水道水浄水型ウォーターサーバーの大きな利点です。

天然水型ウォーターサーバーでは、定期的に重たいウォーターボトルを交換する必要があります。

この作業は、特に高齢者や女性にとっては負担となることが多いです。

しかし、水道水浄水型ウォーターサーバーでは、水道水を直接利用するため、ボトル交換の手間が一切ありません

宅配ボトルの受け取りが不要

水道水浄水型ウォーターサーバーを利用する最大の利点の1つは、宅配ボトルの受け取りが不要であることです。

天然水型ウォーターサーバーでは、定期的にウォーターボトルを宅配してもらう必要があります。

この宅配ボトルを受け取るためには、受け取りの時間帯に家にいなければならないことが多く、忙しい人にとっては大きな負担となります。

また、宅配の際に不在だった場合、再配達の手続きをしなければならず、時間と手間がかかります。

しかし、水道水浄水型ウォーターサーバーでは、水道水を直接利用するため、宅配ボトルの受け取りが一切不要です。

忙しい日常生活の中での手間を大幅に減らすことができます。

宅配ボトルの受け取りに煩わされることがないため、時間を有効に使いたい人や、家にいないことが多い人にとって、非常に便利です。

ウォーターボトルの保管場所が不要

次に、ウォーターボトルの保管場所が不要という点も、水道水浄水型ウォーターサーバーの大きなメリットです。

天然水型ウォーターサーバーを利用する場合、宅配されたウォーターボトルを保管するスペースが必要になります。

特に、複数本のボトルをまとめて購入する場合や、予備のボトルをストックしておく場合、かなりのスペースを占有します。

これに対し、水道水浄水型ウォーターサーバーは、水道水を直接使用するため、ウォーターボトルの保管スペースが一切不要です。

そのため、限られたスペースを有効に活用できるのです。

特に、収納スペースが限られているアパートやマンションなどの居住環境では、この点が非常に大きな利点となります。

容器ゴミを捨てる手間がない

さらに、容器ゴミを捨てる手間がないという点も、水道水浄水型ウォーターサーバーの重要な利点です。

天然水型ウォーターサーバーを使用する場合、消費したウォーターボトルは定期的にゴミとして処分しなければなりません。

この容器ゴミはかさばるため、ゴミの日までの間、収納場所を取ります。

また、容器を捨てる際には、分別や破砕といった手間もかかります。

一方、水道水浄水型ウォーターサーバーでは、水道水を直接利用するため、容器ゴミが発生しません

そのため、ゴミを捨てる手間が省けるだけでなく、環境に優しいという点でも優れています。

水道直結型の利点

水道直結型ウォーターサーバーは、非常に便利です。

水道直結型は、水道に直接接続するため、ウォーターサーバーへの水の補充が不要です。

手間が大幅に減るだけでなく、いつでも新鮮な水を利用することができます。

また、水道直結型ウォーターサーバーは、常に安定した水供給が可能です。

そのため、大量の水を使用する家庭やオフィスにとって最適な選択肢となります。

タンク補充型の利点

タンク補充型ウォーターサーバーには、設置場所の自由度が高いという大きな利点があります。

このタイプのウォーターサーバーは、水道への直接接続が不要なため、水道が近くにない場所にも設置することができます。

これにより、リビングや寝室、オフィスの会議室など、様々な場所に柔軟に配置することができます。

また、タンク補充型ウォーターサーバーは、初期工事が不要です。

水道直結型とは異なり、専用の工事を行う必要がないため、導入が簡単であり、すぐに利用を開始することができます。

特に、賃貸住宅やオフィスビルなど、工事が制限されている環境では、この点が大きなメリットとなります。

水道水浄水型ウォーターサーバーの欠点

災害時に使えない可能性がある

水道水浄水型ウォーターサーバーの最も大きな欠点の1つは、災害時に使えない可能性があるという点です。

このタイプのウォーターサーバーは、水道水を直接利用するため、水道が止まってしまうと利用できなくなるというリスクがあります。

特に、地震や台風などの自然災害が頻発する地域では、この点が非常に重要です。

水道が復旧するまでの間、ウォーターサーバーが使えないため、災害時の備蓄水としての役割を果たせないというデメリットがあります。

そのため、災害時に備えて別途飲料水をストックしておく必要があります。

フィルターの交換をしなければならない

次に、フィルターの交換が必要という点も、水道水浄水型ウォーターサーバーの欠点です。

水道水を浄水するためには、定期的にフィルターを交換しなければなりません。

フィルターの交換頻度は機種によって異なりますが、一般的には数ヶ月から半年に1回の頻度で交換が必要です。

このフィルター交換には手間がかかるだけでなく、追加の費用が発生する可能性があります。

交換を怠ると、水の品質が低下し、衛生面にも影響を及ぼすかもしれません。

そのため、フィルターの管理をしっかりと行うことが重要です。

お水の味にこだわる人には△

また、水道水浄水型ウォーターサーバーは、お水の味にこだわる人には不向きです。

このタイプのウォーターサーバーは、水道水をフィルターで浄化するため、天然水特有の風味やミネラル成分は期待できません。

特に、天然水の美味しさを求める人にとっては、満足度が低いかもしれません。

天然水型ウォーターサーバーでは、各地の名水やミネラルウォーターを楽しむことができますが、水道水浄水型ではそのような選択肢はありません。

そのため、お水の味に強いこだわりがある場合は、天然水型ウォーターサーバーを選ぶ方が良いでしょう。

以上のように、水道水浄水型ウォーターサーバーには便利な面も多い反面、災害時の利用やフィルター交換、お水の味に関する点での欠点も存在します。

これらを理解した上で、自分のライフスタイルやニーズに合ったウォーターサーバーを選ぶことが大切です。

利用量が少ない世帯にとってはコスパ△

水道水浄水型ウォーターサーバーは、定額制で好きなだけ水が使えるという点が大きな魅力です。

しかし、利用量が少ない世帯にとってはコストパフォーマンスがいまいちとなる可能性があります。

これは、毎月の固定費が発生するため、使用量が少ないと相対的にコストが高くなってしまうからです。

例えば、一人暮らしや日中家を留守にしていることが多い家庭では、水の消費量が少なく、定額料金が割高に感じられることがあります。

また、天然水型ウォーターサーバーの場合、使用した分だけ支払う従量制が多いため、利用量が少ない場合にはこちらの方が経済的に有利です。

そのため、自分のライフスタイルや水の消費量に応じて、どちらのタイプが適しているかを慎重に検討する必要があります。

水道直結型の欠点

水道直結型ウォーターサーバーには多くの利点がありますが、いくつかの欠点も存在します。

まず、初期工事が必要という点が挙げられます。

水道直結型ウォーターサーバーを導入する際には、水道配管に専用の分岐器具を取り付ける工事が必要です。

この工事には費用と時間がかかるため、導入の手間が増えます。

特に、賃貸住宅の場合、オーナーの許可が必要になることもあります。

また、水道直結型は設置場所が限定されるという欠点もあります。

水道から離れた場所には設置できないため、キッチン周辺に限定されることが多いです。

さらに、水道直結型は停電時に使用できないというデメリットもあります。

ウォーターサーバー自体は電気を使用するため、停電時には水の供給が止まってしまいます。

タンク補充型の欠点

タンク補充型ウォーターサーバーも便利ですが、いくつかの欠点があります。

まず、定期的にタンクに水を補充する手間がかかるという点です。

水道直結型と違い、水を自動で供給することができないため、手動でタンクに水を入れる必要があります。

この作業は、頻繁に行う必要があり、特に忙しい家庭では負担となることがあります。

また、タンク補充型は水道の近くに設置する必要があるため、設置場所の自由度が低いです。

水を補充するためには、水道の近くにタンクを運ぶ必要があるため、設置場所が制限されることがあります。

さらに、タンク補充型は衛生面での管理が重要です。

タンクに水を補充する際には、タンク内部の清潔さを保つために、定期的な洗浄が必要です。

これを怠ると、雑菌の繁殖などの問題が発生する可能性があります。

これらの点を考慮すると、タンク補充型ウォーターサーバーは、手間をかけずに利用したい人には不向きかもしれません。

水道水浄水型ウォーターサーバー人気9選

1位:エブリィフレシャス

エブリィフレシャスは、そのデザイン性と機能性で多くのユーザーから高評価を得ています。

特に「エブリィフレシャス mini」「エブリィフレシャス tall」「エブリィフレシャス tall+cafe」の3つのモデルは、異なるニーズに応じて選べるのが魅力です。

これらのモデルは、コンパクトな卓上型から多機能な床置き型まで、用途に応じて選ぶことができます。

さらに、すべてのモデルが冷水・温水の利用が可能で、カフェ機能付きのモデルもあります。

この多機能性とデザイン性が、エブリィフレシャスを選ぶ理由となっています。

エブリィフレシャスの料金プランと特徴

モデル月額料金(税込)特徴
エブリィフレシャス mini¥3,300コンパクトな卓上型、冷水・温水・常温水対応
エブリィフレシャス tall¥3,300床置き型、冷水・温水・常温水対応
エブリィフレシャス tall+cafe¥3,850床置き型、冷水・温水・常温水、カフェ機能付き

エブリィフレシャスは、初期費用や設置工事が不要で、カートリッジの定期交換も無料です。

そのため、月額料金だけで安心して利用できるのが魅力です。

また、エブリィフレシャスの浄水型ウォーターサーバーは、安心の定額料金で、どれだけ使っても料金が変わらないため、コストパフォーマンスに優れています。

2位:ヴィヴィウォーター

ヴィヴィウォーターは、その高い浄水性能便利な機能で多くのユーザーに支持されています。

特に、「long」「short」「+mist」の3つのモデルは、それぞれ異なる特徴を持ち、ユーザーのニーズに応じて選べます。

ヴィヴィウォーターは、冷水・温水・常温水の3つの温度設定が可能で、用途に応じて利用できるのが特徴です。

さらに、プラスチックゴミの削減に寄与する環境に優しい設計も魅力の一つです。

ヴィヴィウォーターの料金プランと特徴

モデル月額料金(税込)特徴
long¥3,300床置き型、大容量タンク、冷水・温水・常温水対応
short¥3,300卓上型、コンパクトサイズ、冷水・温水・常温水対応
+mist¥3,850床置き型、空間除菌・消臭・加湿機能付き

ヴィヴィウォーターは、サーバーレンタル料、浄水カートリッジ代、配送料がすべて月額料金に含まれるため、追加費用の心配がありません。

また、初めての利用者には初月無料のキャンペーンや、乗り換えサポートなど、お得な特典も多数用意されています。

ヴィヴィウォーターの浄水型ウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルクづくりにも適した浄水力を持ち、家庭全体で安心して使用できるのがポイントです。

3位:Lapis(ラピス)

Lapisは、高性能フィルタースタイリッシュなデザインで多くの家庭に選ばれています。

特に、設置場所に合わせて選べる2色(ホワイト・ブラック)が用意されており、インテリアに合わせた選択が可能です。

さらに、冷水・温水・常温水をいつでも利用できる機能が特徴です。

Lapisの料金プランと特徴

モデル月額料金(税込)特徴
Lapis¥3,608高性能フィルター、冷水・温水・常温水、チャイルドロック、UV殺菌

Lapisは、2段階式の浄水フィルターを搭載しており、水道水に含まれる塩素、不純物、臭い、濁りなどをしっかりと除去します。

フィルターは毎年1回無料で交換されるため、安心して利用できます。

また、給水タンクと内部タンクは取り外して洗えるので、衛生面でも安心です。

さらに、Lapisは5年に1度、サーバー本体を無償で交換するサービスを提供しており、常に清潔な状態で利用できます。

4位:エブリィフレシャスmini

エブリィフレシャスminiは、コンパクトな卓上型の浄水型ウォーターサーバーです。

その小さなサイズながらも、冷水・温水・常温水を利用できる機能が詰まっており、特に一人暮らしやオフィスのデスク周りに最適です。

エブリィフレシャスminiの料金プランと特徴

モデル月額料金(税込)特徴
エブリィフレシャスmini¥3,300コンパクトな卓上型、冷水・温水・常温水、カートリッジ定期交換無料

エブリィフレシャスminiは、設置が簡単で、特にスペースが限られている場所に最適です。

また、無料カートリッジの定期交換サービスが含まれており、常に清潔な水を利用できるのが特徴です。

エブリィフレシャスminiは、初期費用や設置工事が不要で、月額料金のみで利用可能なため、手軽に導入できるのも魅力です。

また、エブリィフレシャスシリーズは、デザイン性と機能性が高く評価されており、多くのユーザーに支持されています。

特に、使い勝手の良い温水・冷水機能が、日常生活をより便利にしてくれるでしょう。

5位:アクアバンク

アクアバンクは、利用者のニーズに合わせた多機能なウォーターサーバーです。

その利便性と性能から、多くの家庭やオフィスで選ばれています。

特に、月額定額制の料金プランが魅力的であり、使い放題の水を提供するため、コストパフォーマンスに優れています。

アクアバンクの料金プランと特徴

モデル月額料金(税込)特徴
アクアバンク¥4,378
(月払いの場合)
高性能フィルター、冷水・温水・常温水、チャイルドロック、UV殺菌
※別途,登録事務手数料が3,300円かかります。

アクアバンクは、高性能フィルターにより、水道水に含まれる塩素や不純物をしっかりと除去します。

さらに、フィルターの交換も定期的に行われるため、メンテナンスが簡単です。

また、チャイルドロック機能やUV殺菌機能を備えているため、小さなお子様がいる家庭でも安心して使用できます。

6位:Locca(ロッカ)

Loccaは、コンパクトでおしゃれな卓上型のウォーターサーバーです。

特に、一人暮らしや小さなスペースでも設置しやすいデザインが特徴です。

月額定額制で利用できるため、コストを気にせずに使い放題のお水を楽しむことができます。

Loccaの料金プランと特徴

モデル月額料金(税込)特徴
litta¥2,580コンパクトデザイン、冷水・温水、浄水カートリッジ、エコモード搭載
※その他料金なし

Loccaは、省スペース設計で、場所を選ばず設置が可能です。

そのスリムなデザインは、インテリアとしてもおしゃれで、どんなお部屋にもマッチします。

さらに、29種類の不純物を除去する高性能フィルターを搭載しており、安全でおいしいお水を提供します。

エコモード機能を搭載しており、光センサーで部屋が暗くなると自動で温水タンクの電源がオフになります。

これにより、電気代の節約も実現できるため、経済的です。

Loccaは、チャイルドロック機能も備えており、小さなお子様がいる家庭でも安心して使用できます。

また、フィルターの交換も簡単で、8か月に1回の交換で済むため、メンテナンスが少なく手軽です。

7位:ハミングウォーター

ハミングウォーターは、コスパに優れた定額制のウォーターサーバーとして人気があります。

ハミングウォーターの料金プランと特徴

月額料金(税込)特徴
通常¥3,300シンプルデザイン、冷水・温水・常温水、エコモード、チャイルドロック機能
+α 安心サービス¥220引っ越しサービスやは総ん保証等

冷水・温水・常温水の3種類が使え、エコモードを搭載しているため、電気代も節約できます。

また、チャイルドロック機能があり、小さなお子様がいる家庭でも安心して使用できます。

8位:コマムウォーター

コマムウォーターは、新しい浄水型サーバーとして人気を集めています。

従来のボトル型とは異なり、水道水を浄水することで、手軽に美味しい水を提供します。

その特徴は、お得な月額料金美しいデザインです。

コマムウォーターの料金プランと特徴

月額料金(税込)特徴
通常¥3,278高性能浄水フィルター、冷水・温水、コンパクトデザイン

コマムウォーターの魅力は、高性能な浄水フィルターです。

このフィルターは、3段階で不純物を徹底的に除去し、体に必要なミネラルを残します。

また、定額制で、飲む量に関わらず料金が一定です。

デザイン面でも優れており、コンパクトでスタイリッシュな外観は、どんなインテリアにもマッチします。

9位:クリクラ

クリクラは、信頼性と実績で評価されているウォーターサーバーです。

多くの家庭で愛用されており、その理由は豊富なキャンペーンお得な料金プランにあります。

クリクラの料金プランと特徴

モデル月額料金(税込)
putio¥2,680サーバーレンタル料
+安心パック¥4601年に一度のサーバー交換など5つのサービス

クリクラのウォーターサーバーは、安全性と使いやすさに優れています。

冷水・温水の両方が利用でき、チャイルドロック機能も搭載されているため、小さなお子様がいる家庭でも安心です。

クリクラは、定期的なキャンペーンやプレゼント企画も豊富で、利用者にとって非常に魅力的なサービスを提供しています。

水道水浄水型ウォーターサーバーに関してよくある質問

ウォーターサーバーは雑菌がすごいの?

ウォーターサーバーに関する一般的な懸念の一つに、雑菌の繁殖があります。

多くの人が「ウォーターサーバーは雑菌がすごいのでは?」と心配するのも無理はありません。

しかし、適切に管理されているウォーターサーバーは、非常に清潔で安全です。

ウォーターサーバーの多くは、定期的なメンテナンスフィルター交換が必要です。

これにより、内部の水路やタンク内の清潔さを保つことができます。

特に、高性能フィルターを搭載した機種では、細菌やウイルスをしっかりと除去するため、安心して使用できます。

また、UV殺菌機能自動クリーニング機能を備えたサーバーもあります。

これにより、ウォーターサーバー内の雑菌繁殖を防止し、常に清潔な状態を保つことが可能です。

したがって、適切なメンテナンスを行うことで、ウォーターサーバーは非常に衛生的であると言えます。

ウォーターサーバーはお金の無駄遣い?

ウォーターサーバーに対するもう一つの一般的な疑問は、費用対効果に関するものです。

「ウォーターサーバーはお金の無駄遣いではないか?」という疑問もよく耳にします。

しかし、ウォーターサーバーには多くの利点があります。

まず、ウォーターサーバーを利用することで、安全で美味しい水を手軽に得ることができます。

特に、浄水型ウォーターサーバーでは、水道水を高性能フィルターで浄水するため、常に新鮮で清潔な水を楽しむことができます。

さらに、ウォーターサーバーは、料理飲み物の準備にも便利です。

冷水・温水がいつでも利用できるため、調理やお茶、コーヒーの準備がスムーズに行えます。

また、定額制プランを利用することで、コスト管理がしやすくなります。

毎月の料金が一定であるため、予算を立てやすく、家計の管理にも役立ちます。

ウォーターサーバーを利用することで、ペットボトルの購入や運搬の手間も省け、環境への負荷も軽減できます。

ウォーターサーバーのフィルター交換の頻度は?面倒?

ウォーターサーバーのフィルター交換に関する疑問は、多くのユーザーが気になるポイントです。

まず、フィルター交換の頻度ですが、一般的には半年から1年に1回が推奨されています。

頻度はサーバーの種類や使用状況によって異なります。

例えば、使用頻度が高い家庭やオフィスでは、フィルターの交換頻度も上がる可能性があります。

ウォーターサーバーのフィルター交換は、実際にはそれほど面倒ではありません。

多くのメーカーは、簡単に交換できるように設計されています。

交換方法は、フィルターを取り外して新しいものに差し替えるだけというシンプルな手順です。

また、フィルター交換のタイミングを知らせてくれるインジケーターアラーム機能が搭載されている機種も多く、交換時期を忘れる心配もありません。

フィルター交換を行うことで、水質を維持し、常に新鮮で美味しい水を楽しむことができます。

フィルター交換が少々手間に感じる場合は、クリーニングサービスメンテナンスパックを利用するのも良いかもしれません。

このようなサービスを利用することで、フィルター交換の負担を軽減し、常に清潔な水を確保できます。

ウォーターサーバーのフィルター交換は、簡単かつ便利であり、定期的な交換を行うことで安心して使用することができます。

水道水を飲むのとどちらがいいのか

ウォーターサーバーと水道水のどちらを選ぶべきかは、多くの人が抱える悩みです。

ここでは、それぞれのメリットデメリットを比較してみましょう。

まず、水道水は手軽でコストが低いという利点があります。

日本の水道水は、厳しい品質基準をクリアしており、安心して飲むことができます。

しかし、地域によっては塩素の匂いが気になることがあります。

一方、ウォーターサーバーは、フィルターを通すことで水道水中の不純物有害物質を取り除くことができ、常に清潔美味しい水を提供します。

特に、冷水や温水がすぐに出るという利便性は、料理や飲み物の準備を効率化する上で非常に便利です。

どちらが良いかは、個々のライフスタイルニーズによりますが、安全性や便利さを重視するならば、ウォーターサーバーを選ぶ価値は十分にあります。

ウォーターサーバーのフィルター交換の重要性

フィルター交換は、水質を保つための基本的なメンテナンスです。

半年から1年に1回のフィルター交換を行うことで、常に新鮮で安全な水を飲むことができます。

また、交換作業は簡単で、メーカーが提供するインジケーターやアラーム機能がそのタイミングを知らせてくれるため、手間がかからないのが特徴です。

フィルター交換の利便性を考慮すると、ウォーターサーバーの使用は非常に合理的です。

ウォーターサーバーの費用対効果

ウォーターサーバーの導入には初期費用や月額料金がかかりますが、その費用対効果は高いです。

特に健康や安全を重視する家庭にとって、ウォーターサーバーは重要な役割を果たします。

また、飲み放題のプランがある場合、飲む量を気にせずに利用できるため、ストレスフリーな生活を実現できます。

まとめ

ウォーターサーバーは、利便性、コスト管理、安全性、そして環境への配慮など、多くの面で優れた選択肢です。

現代の多忙な生活において、ウォーターサーバーを利用することで、健康的快適な生活を送ることができます。

ウォーターサーバーの導入を検討する際は、ぜひその多くの利点を考慮し、最適な選択をしてください。

ウォーターサーバーは、あなたの生活をより豊かにするための価値ある投資となるでしょう。

この記事をシェアする

関連記事

【解説】ウォーターサーバーのチャイルドロックは不要?代表的なタイプの解除方法の違い

【解説】ウォーターサーバーのチャイルドロックは不要?代表的な...

【チャイルドロック付き】ウォーターサーバー5つをタイプ別紹介!

【チャイルドロック付き】ウォーターサーバー5つをタイプ別紹介...

【注意】ウォーターサーバーにゴキブリが住み着いてしまうかも…

【注意】ウォーターサーバーにゴキブリが住み着いてしまうかも…