一人暮らしのためのウォーターサーバー TOP10

目次

ウォーターサーバーは、今や一人暮らしをする多くの方々にとって、不可欠な家電となりつつあります。冷たい水や熱いお湯を即座に利用できることから、忙しい日々を送る現代人にとって大きな助けとなるのです。

特に一人暮らしでは、飲料水の購入や重い水の運搬といった負担を減らすことができます。この記事では、ウォーターサーバーが一人暮らしにもたらす利便性や、選び方、おすすめのモデルを紹介します。

各モデルの特徴や月額コスト、設置スペースの必要性などを詳しく解説し、あなたのライフスタイルに最適なウォーターサーバーを見つけるお手伝いをいたします。

おすすめ人気ランキングTOP10

一人暮らしの方々にとって、ウォーターサーバーは単なる贅沢品ではなく、日常生活での大きなサポートとなるアイテムです。このセクションでは、現在市場で人気の高いウォーターサーバーのトップ10をランキング形式で紹介します。それぞれのモデルの特徴、コストパフォーマンス、そしてデザインの魅力を比較していきます。

【表:ウォーターサーバー人気ランキングTOP10】

順位ブランド名モデル特徴月額料金
1エブリィフレシャスminiコンパクトでスタイリッシュなデザイン、ECO機能付き¥3,300
2ハミングウォーターtall冷水・温水・常温水対応、再加熱機能あり¥3,300
3ヴィヴィウォーターtall+cafeカフェ機能付き、高機能¥3,850
4ピュアライフ多機能、家庭用大容量¥3,500
5Locca業界最安値、使い放題¥2,680
6クリクラ安全性高く、コスト効率良好¥3,440
7プレミアムウォーター天然水を使用、デザイン性も高い¥4,223
8アルピナウォーター高純度のろ過水、安全性に優れる¥3,113
9信濃湧水自然の恵み豊かな水、エコ機能搭載¥4,128
10アクアファブスタイリッシュなデザイン、効率的な使用感¥4,238

エブリィフレシャス

「エブリィフレシャス」は、一人暮らしのキッチンカウンターやリビングの棚にぴったり収まる卓上タイプのウォーターサーバーです。このモデルは、そのコンパクトさ省スペース設計が最大の魅力。また、冷水と温水の基本機能を備えつつ、環境に配慮したECO機能も搭載しており、エネルギーの無駄遣いを防ぎます。

エブリィフレシャス【スペック比較表】

特徴エブリィフレシャス
カラー展開マットホワイト、マットブラック
タンク容量5.0L
カートリッジ除去物質数23種類
浄水フィルター交換7ヶ月半に1回
冷温水
ECO冷温水
電気代約¥410/月~
サイズ幅: 250mm、奥行: 295mm、高さ: 470mm
定額料金¥3,000 (税込 ¥

ハミングウォーター

ハミングウォーターは、その使い勝手の良さ経済的な負担の少なさで、多くのユーザーから支持されています。特に、その定額制の料金体系は、多用途で水を使用する家庭にとって大きな魅力です。水の交換が手軽である点も、高い評価を受けている理由の一つです。

ハミングウォーターのスペック比較表

機能詳細
カラー展開マットホワイト、マットブラック
タンク容量合計5.0L
カートリッジ除去物質数23種類
浄水フィルター交換7ヶ月半に1回
冷温水あり
ECO冷温水あり
電気代約410円/月~
サイズ幅:250mm、奥行:295mm、高さ:470mm
定額料金3,000円(税込3,300円)/月

ヴィヴィウォーター

ヴィヴィウォーターは、高機能性デザイン性の両方を兼ね備えたウォーターサーバーとして注目されています。特に、カフェ機能が付いたモデルは、コーヒー好きの間で特に人気があります。その利便性と、家庭での水の使い勝手を大幅に向上させる機能が魅力です。

ヴィヴィウォーターのスペック比較表

機能詳細
カラー展開マットホワイト、マットブラック
タンク容量合計8.7L
カートリッジ除去物質数23種類
浄水フィルター交換7ヶ月半に1回
冷温水あり
常温水あり
高温水(再加熱機能)あり
ECO冷温水あり
コーヒー機能あり
電気代約360円/月~
サイズ幅:290mm、奥行:363mm、高さ:1,125mm
定額料金3,500円(税込3,850円)/月

クリクラ

クリクラは、多くの家庭やオフィスで支持されているウォーターサーバーブランドです。その魅力は、何と言っても安心して飲用できる水質使い勝手の良さ、そしてコストパフォーマンスの高さにあります。以下はクリクラの主なスペックを示した比較表です。

クリクラのスペック比較表

機能詳細
カラー展開多彩なカラーバリエーション
タンク容量12L
カートリッジ除去物質数13種類
浄水フィルター交換年に1回
冷温水あり
常温水なし
高温水(再加熱機能)あり
電気代約300円/月~
サイズ幅:300mm、奥行:350mm、高さ:1000mm
定額料金2,500円(税込2,750円)/月

クリクラは、特にファミリー層におすすめです。子どもから高齢の方まで安全に利用できる水質管理と、使いやすさが評価されています。

プレミアムウォーター

プレミアムウォーターは、その名の通り、高品質な水を提供することに特化したウォーターサーバーブランドです。デザイン性の高いサーバーは、インテリアとしても部屋のアクセントになります。以下の表にプレミアムウォーターの詳細をまとめました。

プレミアムウォーターのスペック比較表

機能詳細
カラー展開シックなデザインのマットブラック、マットホワイト
タンク容量8.6L
カートリッジ除去物質数16種類
浄水フィルター交換6ヶ月に1回
冷温水あり
常温水あり
高温水(再加熱機能)なし
電気代約250円/月~
サイズ幅:280mm、奥行:330mm、高さ:970mm
定額料金3,600円(税込3,960円)/月

プレミアムウォーターは、特に品質に敏感なユーザーやデザインを重視する方に適しています。高い除去物質数と、定期的なフィルター交換で、いつでも清潔な水を保てる点が強みです。

これらのウォーターサーバーは、それぞれに異なる強みがあり、使用環境やニーズに応じて選ぶことが重要です。上記の比較表を参考に、自分のライフスタイルに最適なものを選んでください。

アルピナウォーター

アルピナウォーターは、厳格な品質管理と持続可能なエコシステムを導入しており、日本初のISO22000認証取得工場で生産されています。これは食品安全管理の国際基準であり、消費者へ安全な水を提供するための厳しい基準をクリアしています。以下はアルピナウォーターの主要な特徴をまとめた比較表です。

アルピナウォーターのスペック比較表

機能詳細
価格1本12Lで1,242円(税込)
サーバーレンタル料月額629円〜
容量12Lボトル
フィルター方式RO濾過(不純物99.9%除去)
水源北アルプス
浄水機能放射性物質不検出、細菌汚染なし
配送自社配送エリア内無料、他は別途送料
特典初期費用0円、初回お届けボトル最大4本無料

アルピナウォーターは、その高い安全性手頃な価格で、家庭やオフィスなど様々な場所での利用に適しています。また、省エネ型ウォーターサーバーのオプションもあり、環境に優しく経済的です。

信濃湧水

信濃湧水は、北アルプスの自然に囲まれた環境から採取される超軟水で、ミネラルバランスが優れており、料理や赤ちゃんのミルク作りに最適です。以下の表は、信濃湧水の提供するサービスの概要を示しています。

信濃湧水のスペック比較表

機能詳細
価格11.4Lで1,782円(税込)/本
サーバーレンタル料基本料金0円、エコサーバー利用時は月額330円(税込)
容量11.4Lボトル
特徴超軟水、硬度16mg/l
配送初期費用0円、配送料0円(特定条件下での追加料金あり)
特典初回2本無料プレゼントキャンペーン実施中

信濃湧水は、その柔らかな口当たり安全性を重視するユーザーに推奨されます。また、エコサーバーを選択することで、さらに省エネルギーとコスト削減を実現できるため、経済的にも魅力的です。

一人暮らしにウォーターサーバーはどんな人に必要?

ウォーターサーバーの導入を考えるとき、一人暮らしの場合は特にその利便性とコストを天秤にかける必要があります。一見すると、一人暮らしには過剰な設備に思えるかもしれませんが、ライフスタイルによっては大きなメリットが得られることもあります。

ここでは、ウォーターサーバーが一人暮らしにどのように適しているか、またどのような場合には不向きかを検討していきましょう。

ウォーターサーバーは便利さ・効率化を求める人におすすめ!

ウォーターサーバーの最大の利点は、いつでも新鮮でおいしい水やお湯を手軽に利用できることです。特に忙しい日常を送る一人暮らしの方々にとって、ボタン一つで冷水や温水を利用できるこの便利さは、日々の時間管理において大きな助けとなります。

例えば、朝の忙しい時間にすぐに温かい飲み物を準備できることや、帰宅後にすぐに温水で温かい食事を作れることなど、日常の小さな時間を有効に活用できます。このような利便性は、在宅勤務が多い方や自宅で多くの時間を過ごす方にとって特に価値が高いです。

また、水質に敏感な方や健康を意識している方にとって、いつでも清潔で安全な水が手に入るというのは、大きな安心材料になります。さらに、ウォーターサーバーから提供される水は、味も良く飲用だけでなく料理に使うことで、全体の食生活の質を向上させることができます。

ペットボトルよりコストがかかり節約はできない

一方で、ウォーターサーバーは初期投資とランニングコストを考慮する必要があります。ウォーターサーバーのレンタル料、水のボトル代、電気代などが毎月の固定費として加わり、一人暮らしの限られた予算には大きな負担となる場合があります

特に、外出が多い方や家で過ごす時間が少ない場合、ウォーターサーバーを設置してもそれほど利用する機会がなく、結果として高いコストの割にはその価値を感じにくい可能性があります。さらに、ペットボトルの水を購入する場合と比較すると、ウォーターサーバーの方が一見高くつくように見えます。

しかし、ペットボトルを毎回購入する手間や環境への負荷を考えれば、ウォーターサーバーはエコロジー的な観点から見るとメリットがあります。結局のところ、**どれだけウォーターサーバーを日常的に利用する。

一人暮らしで飲む1か月分の水の量は?

一人暮らしをしていると、生活の中でどれだけの水を消費しているのか意識しづらいものです。しかし、適切な水分摂取は健康維持に不可欠であり、日々の水分摂取量を知ることは重要です。

厚生労働省によれば、人間は毎日約1.2Lの飲み水を摂取する必要があります。これを月に換算すると、約36Lになりますが、実際の消費量はもう少し少なくなることが一般的です。

以下の表は、一人暮らしでの1か月あたりの推定水消費量と、それをウォーターボトルでどう換算するかを示しています。

項目
日々の推奨水摂取量1.2L
月間推奨水摂取量36L
実際の月間消費量約20L
ウォーターボトル換算約1.7本 (12Lボトル)

このデータから分かる通り、一人暮らしの方が実際に家で消費する水の量は月に20L前後となります。これは外出先での水分摂取を含むため、自宅での使用量はもう少し減る可能性があります。

【結論】一人暮らしならサイズと料金が大事!使う水の量で変わる

一人暮らしをする際にウォーターサーバーを選ぶならば、そのサイズと料金が非常に重要です。消費する水の量によって選ぶべきウォーターサーバーの種類が変わってくるため、自身のライフスタイルに合った選択をすることが経済的にも合理的です。

小規模なサーバーは少量の水を消費する一人暮らしに最適で、場所を取らず、低コストで運用できます。一方で、大容量サーバーは水の消費量が多い家庭や、訪問者が多い家庭に適しています。

一人暮らしの場合、外出が多く、自宅での水消費が少ないことも考えられるため、実際に消費する水の量を見積もってからウォーターサーバーを選ぶことが、無駄なく経済的な選択と言えるでしょう。

一人暮らしにおすすめのウォーターサーバーの選び方

一人暮らしでウォーターサーバーを導入する際には、いくつかのポイントを考慮する必要があります。自宅のスペース、予算、そしてライフスタイルに合ったウォーターサーバーを選ぶことで、毎日の水分補給が格段に便利で快適になります。

まずは設置スペースがあるかチェック。本体サイズ+5〜15cmが必要

一人暮らしの住空間は限られているため、ウォーターサーバーを設置する前に、必要なスペースをしっかりと測定することが重要です。ウォーターサーバーの設置には、本体のサイズだけでなく、周囲に少なくとも5cmから15cmの余裕を持たせることが推奨されています。

これにより、サーバーのメンテナンスがしやすくなり、空間的な圧迫感も軽減されます。特に、ウォーターボトルの交換や機械の掃除の際にスムーズに作業できるスペースが必要です。

ウォーターサーバーは宅配型・浄水型の2種。費用重視なら使用する水の量でタイプを選ぼう

ウォーターサーバーには大きく分けて宅配型浄水型の2種類があります。宅配型は定期的に水を配達してもらうタイプで、高品質なミネラルウォーターを手軽に利用できる利点がありますが、コストはやや高めです。

一方、浄水型は蛇口に直結して水道水を浄化するタイプで、初期投資後のランニングコストは比較的安く抑えられます。一人暮らしでは特に、使用する水の量を基にどちらのタイプを選ぶかが重要になります。

毎日大量に水を消費する場合は宅配型が便利ですが、普段家にいる時間が少なく、少量の水で十分な場合は浄水型の方が経済的です。また、宅配水の種類によっては、水のフレーバーや硬度に特徴があるため、好みに合わせた選択が可能です。

ウォーターサーバーを選ぶ際は、これらの情報を踏まえ、自分の生活環境や水消費量、そして予算に合わせて最適なものを選ぶことが、無駄なく快適な一人暮らしを送る鍵となります。

使用する年数で最安サーバーが違う!年数を決めて契約した方がいい

ウォーターサーバーを選ぶ際には、使用する予定の年数を事前に考慮することが非常に重要です。短期間での使用を考えている方は、解約料が無料または安いサーバーを選ぶことで、総コストを抑えることが可能です。

逆に、長期間使用する計画のある方は、月額料金が安く設定されているサーバーが経済的に有利です。多くのウォーターサーバー企業では、契約期間に応じて割引が適用されるため、契約前には各社のプランを比較検討し、最もコストパフォーマンスに優れた選択を行うことが推奨されます。

どの水もおいしさ・安全面は大丈夫!味にこだわるなら宅配型の天然水がおすすめ

現代のウォーターサーバー市場において、提供される水の品質は非常に高く、どの製品も基本的な安全基準をクリアしています。しかし、味に敏感な方や特定の水の味を好む方には、宅配型のサーバーが提供する天然水が特におすすめです。

天然水は、その採水地の自然環境によって異なる独特の風味があり、水本来の味を楽しむことができます。料理やコーヒー、紅茶をさらに美味しくするためにも、天然水の利用を検討する価値は大いにあります。

どれも管理には手間がかかる。こまめに手入れするなら浄水型がおすすめ

ウォーターサーバーを日常的に使用する上でのメンテナンスは欠かせませんが、その手間はサーバータイプによって異なります。浄水型サーバーは、フィルター交換が主なメンテナンス作業であり、比較的簡単に行うことができます。このタイプは、こまめにサーバーの手入れをする時間が取れる方にとって、管理がしやすく便利です。

一方、宅配型サーバーはボトルの交換が必要であり、重たいボトルを持ち運ぶ必要があるため、物理的な労力が要求されることも考慮する必要があります。どのタイプを選択するにせよ、清潔に保つことで、常に安全で美味しい水を楽しむことができます。

基本、故障してもは対応は無料。破損が心配なら無料対応のところを選ぼう

ウォーターサーバーを選ぶ際には、故障や破損時の対応がどうなっているかを確認することが非常に重要です。多くのウォーターサーバー会社では、通常の使用範囲内での故障に対しては無料で修理を行ってくれます。しかし、意外と見落としがちなのが、破損時の対応です。特に、家庭内に小さな子どもやペットがいる場合は、予期せぬ破損のリスクが高まります

そうしたリスクを考慮して、万が一の破損にも柔軟に対応してくれるサービスプランを提供しているメーカーを選ぶことがおすすめです。安心して長く使い続けるためにも、サポート体制の充実しているサーバーを選ぶことが鍵となります。

すべての機能を兼ね備えたものはない!必要な機能があれば優先確認

ウォーターサーバー選びで最も大切なのは、必要な機能が備わっているかどうかを確認することです。市場には多種多様なウォーターサーバーが存在し、それぞれ異なる特徴を持っています。例えば、温水機能、冷水機能、チャイルドロック、省エネ機能などが挙げられます。

自分の生活スタイルに合った必要最低限の機能を把握し、それを満たしている製品を選ぶことが肝心です。全ての機能を持つ製品を探すのではなく、最も優先すべき機能に焦点を当てることで、より適切な選択が可能になります。

デザインが好きかどうかも確認する!ツヤの有無やタンク・ノズルも大事

ウォーターサーバーはただ水を供給するだけでなく、お部屋のインテリアとしての役割も果たします。そのため、デザインは非常に重要な選択基準の一つです。ツヤがある素材か、マットな仕上げか、形状はスリムか、カラーバリエーションは豊富かなど、見た目の好みは人それぞれ異なります。

また、使い勝手を左右するタンクやノズルのデザインもチェックすることが大切です。デザインが好みに合っているかどうかを確認することで、日々の使用がより快適になります。最終的な選定において、機能性だけでなく、デザインも納得のいくものを選ぶことが重要です。

一人暮らしで導入して良かった!利用者が実感した5つのメリット

おいしい水が飲める

ウォーターサーバーを一人暮らしの生活に導入する最大のメリットの一つは、いつでもおいしい水を手軽に飲めることです。多くのウォーターサーバーが提供する水は、天然水または高度に浄化された水であり、味の質が高いと評価されています。

特に、市販のミネラルウォーターと比較しても、天然水をそのまま利用しているため、ミネラルのバランスが良く、自然な味わいが楽しめるのが特徴です。このため、料理やコーヒー、紅茶など、水を使うすべての場面でその差を実感することができます。

水を買いに行かなくてもいい

もう一つの大きなメリットは、重たい水のボトルを購入して運ぶ必要がなくなることです。一人暮らしでは、日々の買い物が自分一人の力にかかっており、特に水のような重量のあるものを購入する際には、その運搬が大きな負担となることがあります。

ウォーターサーバーを利用することで、定期的に自宅まで水が届けられるため、このような重労働から解放されます。さらに、急な来客があった際にも、常に美味しい水や温かいお湯を提供できるので、非常に便利です。

お湯を沸かす必要がなくなる

ウォーターサーバーを使用することで、お湯を沸かす手間が一切不要になります。特に一人暮らしの場合、朝の忙しい時間にコーヒーや紅茶をすぐに楽しむことができるのは大きな利点です。ウォーターサーバーからは、ワンタッチで適温のお湯が提供されるため、料理やインスタント食品の準備が格段に楽になります。この利便性は、日常生活の中で時間を有効に使いたいと考える人にとって、非常に魅力的なポイントです。

ペットボトルのゴミが減る

ウォーターサーバーを導入することで、ペットボトルの使用が大幅に減少し、環境に優しい生活が実現します。ペットボトルはリサイクル可能ですが、消費後の処理にはエネルギーが必要で、環境負荷がかかることが問題視されています。

ウォーターサーバーなら、大容量のボトルを使用するため、ペットボトルの廃棄物を大幅に削減できます。この点は、エコ意識が高い人にとって大きなメリットと言えるでしょう。

災害時の備蓄水になる

日本は地震などの自然災害が多い国であり、常に備蓄水を準備しておくことが推奨されています。ウォーターサーバーのボトルは、災害時の非常用の水としても役立ちます

一般的にウォーターサーバーのボトルは12リットルから15リットルと大容量で、停電時でもウォーターサーバーが持つ保温機能により、温水を使うことが可能です。災害時においても、これほど安心で便利な水の確保方法は他にないと言えるでしょう。

一人暮らしで使うデメリットはある?5つの失敗例

月々の料金が高くて家計が高くなる

ウォーターサーバーを一人暮らしで利用する際に、多くのユーザーが直面する一つの問題は、月々の料金が予想以上に高額になることです。特に、プレミアムなサービスや高品質な天然水を提供するサービスでは、料金が高めに設定されている場合が多いです。

定額プランや使用量に応じた課金制を選べるサービスもありますが、実際のところ、消費量を見誤ると予算オーバーになるリスクがあります。これは、予算計画を立てる際の重要な考慮事項となるため、利用前にはしっかりと料金プランを確認し、自分のライフスタイルに合ったプランを選ぶことが重要です。

省エネ機能が付いていないと電気代が高くなる

ウォーターサーバーの利用において、もう一つ見落とされがちなのが、電気代です。特に省エネ機能が備わっていない古いモデルのウォーターサーバーを使用している場合、24時間連続で温水や冷水を保温・冷却するための電力がかかり、思った以上に電気代がかさむことがあります。

省エネ機能付きの最新モデルを選ぶ、または使用しない時は電源をオフにするなどの工夫が必要です。この点を軽視すると、毎月の電気代が想定外に高くなり、経済的な負担が大きくなることがあります。

契約期間の制限がある

多くのウォーターサーバーのサービスでは、契約期間に縛りが存在することが一般的です。これは、サービス提供者が一定期間の利用を保証することで、安定したサービスを提供するためです。

一人暮らしの場合、生活スタイルの変化が予想されるため、この長期契約がデメリットとなることもあります。解約時には違約金が発生することが多いため、契約前には期間の縛りや解約条件を確認し、自分のライフスタイルに合致するかを検討することが重要です。

配送日時は決めれない

ウォーターサーバーのボトル配送に関しては、配送日時の選択肢が限られていることが多いです。特に一人暮らしの場合、日中は外出していることが多く、自宅にいる時間が限定されているため、この点が不便と感じることがあります。

配送スケジュールが固定されていると、受け取りを逃してしまうリスクも高まります。そのため、契約前には配送の柔軟性を確認し、不在時の対応策も検討しておくことが望ましいです。

ボトルの交換がめんどくさい

ウォーターサーバーの利用で見落としがちなのが、ボトルの交換作業です。特に一人暮らしでは、大容量のボトルを自分一人で交換する必要があり、これが意外と大変な労力を要します。

ボトルは重く、設置場所が狭いと交換作業がさらに困難になるため、実際の交換作業の容易さを確認することが重要です。

また、ボトルの保管場所も考慮する必要があり、スペースの限られた一人暮らしの住環境においては、より小さなボトルを選択するなどの対策が求められます。

まとめ

ウォーターサーバーを選ぶ際は、多くの要素を検討する必要があります。一人暮らしの場合、スペース、コスト、利便性が特に重要です。サービスの契約期間や解約条件電気代やボトルの交換の手間、そして水の品質など、それぞれのライフスタイルに合った選択が求められます。

料金の面では、長期的なコストを見積もることが重要であり、契約するサービスによっては月々の料金以外にもメンテナンス費用や解約時の費用が発生することもあります。また、エネルギー消費についても考慮する必要があり、省エネ機能の有無は電気代に直接影響します。

利便性の面では、ウォーターサーバーの導入により、重い水の買い物から解放され、いつでも新鮮で清潔な水が手に入ることが大きなメリットです。しかし、配送のスケジュールが合わない場合や、ボトルの交換に手間がかかる場合は、その利便性が損なわれることもあります。

水の品質に関しては、宅配型のウォーターサーバーは天然水を使用しており、その味と安全性にこだわるユーザーには最適です。一方、浄水型ウォーターサーバーは水道水を利用するため、設置が容易で日々の管理も比較的シンプルです。

最終的に、ウォーターサーバーを選ぶかどうかは、個々のニーズと生活環境、そして予算に基づいて慎重に決定することが大切です。あらゆる面を検討し、最も自分に合ったサービスを選ぶことで、ウォーターサーバーの導入が生活の質を向上させる一助となるでしょう。

この記事をシェアする

関連記事

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意すること

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意す...

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている方、必見!!

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている...