長期不在時にウォーターサーバーはどうしたらいい?留守中の取扱い方法を紹介

ウォーターサーバーは多くの家庭やオフィスで愛用されていますが、長期間家を空ける際の取り扱いについては意外と知られていないことが多いです。特に長期の旅行や出張で家を空ける場合、ウォーターサーバーをどのように扱えばよいのか、電源は入れたままが良いのか、それとも切るべきなのか、多くの疑問が生じます。

この記事では、長期不在時のウォーターサーバーの最適な管理方法を詳しく解説し、安全にウォーターサーバーを利用し続けるためのポイントをご紹介します。安心して旅行や出張を楽しむためにも、適切な対処法を知っておくことは非常に重要です。

不在期間別の対応方法と対応が変わる理由

不在期間が1か月未満の場合

1か月未満の不在期間では、ウォーターサーバーの電源を入れた状態で放置しておくことが推奨されます。この期間、ウォーターサーバーの自動保温・冷却機能が活躍し、水質の劣化を防ぐことが可能です。電源をオンにしておくことで、内部の水が定期的に循環され、衛生的な状態が維持されます。

衛生面を考慮した上で、この処置は非常に重要です。また、多くのモダンなウォーターサーバーには、エコモード機能が搭載されており、不在中でも電力の無駄遣いを防ぐことができます。

不在期間が1か月以上2か月未満の場合

1か月以上2か月未満の不在期間では、ウォーターサーバーの電源を切り、必要に応じて水抜きを行うことが望ましいです。電源を切る主な理由は、長期間の電力消費を避けるためと、水質保持の観点から不要な電力消費を減らすためです。

水抜きを行うことで、サーバー内部に残る水分が原因で発生するかもしれないカビや細菌の繁殖を防ぎます。また、水抜きはサーバー内部の清潔保持にも役立ち、帰宅後に新鮮な水をすぐに使用できる状態を作り出します。この期間には、特に水の賞味期限衛生管理を考慮して、適切なメンテナンスが必要です。

電源を入れて放置しておく理由は衛生面のため

ウォーターサーバーを長期間使用しない場合、電源を入れた状態で放置しておくことは、衛生管理を維持するために重要です。水の鮮度を保つために、サーバー内の水は一定の温度で保持され、自動的に循環されるため、雑菌の繁殖を防ぎます。

また、多くのウォーターサーバーには自動洗浄機能が搭載されており、内部クリーニングが定期的に行われるため、長期間放置しても水質が劣化するリスクが低減されます。このように、電源をオンにしておくことで、ウォーターサーバーの水質と衛生状態を保つことが可能です。

温水スイッチもONにしておく

ウォーターサーバーの温水スイッチをONにしておくことは、サーバーを長期間使用しない際にも推奨されます。これは、温水機能が活動中に水を一定の温度で保持し、水の自然な流れを促進するためです。

温水スイッチがONの状態では、水が定期的に加熱され、内部での雑菌の繁殖が抑制されます。これにより、水の清潔さと安全性が確保され、帰宅後に安心して使用することができます。

エコモードはオフにしておく

不在中にウォーターサーバーのエコモードをオフに設定することは、一見矛盾しているように思えるかもしれませんが、実際には雑菌の増殖を防ぐために重要です。エコモードがオンの場合、エネルギー消費を抑えるために水の温度が下がり、これが微生物の成長を促す原因となることがあります。

したがって、エコモードをオフにすることで、水の温度が一定に保たれ、水質が維持されるため、健康を守る一助となります。

不在期間が2か月以上の場合

長期間、2か月以上家を空ける場合、ウォーターサーバーの適切な取り扱いが非常に重要です。このような長期不在では、ウォーターサーバーの電源を切ることが推奨されます。電源を切る主な理由は、不使用時に不要な電力を消費することを避け、電気料金の節約水質保持のためです。さらに、電源がオフの状態では、内部に水が残っていると雑菌が繁殖しやすくなるため、安全な状態を保持するには、水抜き作業が必須です。

ウォーターサーバーの水抜き方法

ウォーターサーバーの水抜きは、安全かつ衛生的に長期不在後も使用を再開できるようにするための重要な手順です。まず、サーバーの電源を切り、コンセントを抜くことから始めます。次に、サーバーの冷水および温水のコックを開き、水が全く出なくなるまで排水を行います。このプロセスによって、内部の水路とボトルの中の水がすべて排出され、雑菌の発生を防ぎます。また、内部タンクや配水管も、清潔な乾燥状態に保つことができるため、帰宅後に水質の劣化や異臭の心配が少なくなります。水抜き後は、内部が空気に触れることで乾燥を促進し、サーバーの衛生状態を最大限に保持することができます。

留守明けの利用再開時は必ずお手入れから

長期間家を空けた後にウォーターサーバーを再利用する際は、衛生的な水を確保するためにも、まずは徹底したお手入れから始めることが重要です。このお手入れ作業を怠ると、ウォーターサーバー内部に溜まったホコリや汚れが、水質に悪影響を及ぼす可能性があります。ここでは、留守明けのウォーターサーバーの正しいお手入れ方法について紹介します。

①サーバー本体を拭く

まず最初に行うべきは、サーバー本体の表面を拭き清めることです。長期間使用していない間に、サーバーの外側にはホコリが積もりやすくなっています。これを放置してしまうと、サーバーの性能を低下させる原因にもなり得ます。清潔な乾燥した布か、少し湿らせた布を使用して、外側を丁寧に拭き取りましょう。特に、サーバーの排気口やボタン周りなど、細かい部分にも注意してホコリを取り除くことが重要です。

②サーバー裏の埃を吸い取る

サーバー本体を拭いた後は、サーバーの裏側の掃除に着手します。ここは特にホコリが溜まりやすい場所であり、放置すると冷却効率に悪影響を及ぼすことがあります。掃除機を使用して、裏側のベントやファン周辺の埃を吸い取ります。この作業を行うことで、サーバー内部の通気が良くなり、効率的な運転が期待できます。また、火災のリスクを減らすためにも、定期的な清掃が推奨されます。

これらの手順によって、ウォーターサーバーは留守明けにも最高の状態で使用することが可能となり、いつでも安心して新鮮な水を楽しむことができます。次回使用する際には、これらの手順を忘れずに行い、常に清潔な状態を保つことが大切です。

③給水口を掃除する

給水口はウォーターサーバーの中でも特に注意が必要な部分で、直接水が通るため衛生管理が非常に重要です。長期不在後に給水口をきれいにすることは、安全な水を保証する上で欠かせないステップです。掃除を始める前には、必ず電源を切り、サーバーが完全に電気が切れていることを確認してください。

清掃には、70%以上のアルコール消毒液を含ませた清潔な布や綿棒を使用します。給水口周辺を丁寧に拭き取り、可能であれば給水口内部にも軽く綿棒を差し込み、細かい部分の汚れを取り除きます。この作業により、細菌の繁殖やカビの発生を防ぎ、常に清潔な水を確保することができます。

④ボトル差込口を消毒する

ボトルをセットする差込口も、ウォーターサーバーの衛生状態に大きく影響する部分です。ここが汚れていると、ボトルを交換するたびに不純物が水に混入する恐れがあります。消毒は、給水口の掃除と同様にアルコールを用いて行います。布に適量のアルコールを含ませ、差込口全体を念入りに拭き取りましょう。特に、ボトルをセットする部分は重点的に消毒を行うことが、清潔な状態を保つためには重要です。

⑤水の受け皿を洗う

水の受け皿は、使用中にこぼれた水が溜まる場所であり、放置すると雑菌が繁殖しやすい環境になります。掃除は簡単で、受け皿をサーバーから取り外し、温かい水と中性洗剤を使用して洗います。しっかりと泡立ててから、ブラシやスポンジで内部をゴシゴシと洗い、すすぎは流水で行ってください。

洗浄後は、清潔な布で水分を拭き取り、完全に乾かしてからサーバーに戻しましょう。この作業を行うことで、不快な臭いや汚れの蓄積を防ぎ、清潔な状態で水を使用することができます。

これらの手順により、長期不在後もウォーターサーバーを衛生的に保ち、常に安全で清潔な水を利用することが可能です。留守明けのお手入れを怠らずに、家族全員が安心して水を楽しむことができるようにしましょう。

長期不在時は配送休止の手続きを忘れずに

長期にわたり家を空ける予定がある場合、ウォーターサーバーの水の配送を一時停止することが賢明です。これにより、不在中の水の無駄遣いや配送の手間を省き、帰宅後に古い水を処理する必要がなくなります。配送休止の手続きは、ほとんどのウォーターサーバー会社でオンラインまたは電話一本で簡単に行うことができます。

配送休止を行う最大の利点は、無用なコストの削減安全性の向上です。家にいない間に配送された水が長期間外に放置されることで、水質が損なわれる可能性も避けられます。

また、帰宅した際に新鮮な水を受け取ることができるため、常に最高の状態でウォーターサーバーを利用できます。配送休止は、通常は一定期間前に申し出る必要があるため、出発日が近づいたら迅速に手続きを行いましょう。

消費電力を押えられるおすすめのウォーターサーバー3選

エコ意識が高まる中、ウォーターサーバーを選ぶ際には消費電力の低さも重要な選定基準の一つです。ここでは、消費電力が低く、コストパフォーマンスに優れたウォーターサーバーを3つ紹介します。

エブリィフレシャス

エブリィフレシャスは、家庭用浄水型ウォーターサーバーとして、その利便性とデザイン性で高い評価を受けています。水道水を使用し、専用の浄水カートリッジを通すことで、常に清潔で美味しい水を供給します。このシステムは、定額制の料金プランにより、どれだけ使っても月額費用が変わらないというメリットがあります。さらに、エブリィフレシャスは様々なサイズと機能を備えたモデルをラインナップしており、小さな卓上型から大きな床置き型、さらにはカフェ機能付きモデルまで選べます。

楽水ウォーターサーバー

楽水ウォーターサーバーは、水道直結型のウォーターサーバーとして設計されており、水道水を直接サーバーに供給することで運用の手間を軽減します。専用のカートリッジを通じて水道水を浄水し、ミネラルバランスを整えたおいしい水を提供する点が特徴です。また、水道からの直接接続により、重たいボトルの設置や交換の必要がなく、継続的な水の供給が可能です。このシステムは特に、手間を省きたい家庭やオフィスに最適です。

ビビウォーター

ビビウォーターは、高性能の浄水カートリッジを使用した浄水型ウォーターサーバーで、23種類の有害物質を効率良く除去することができます。このウォーターサーバーは、デザインがスタイリッシュでありながら、省エネ設計が施されており、電気代を節約することも可能です。ビビウォーターは、使い勝手と環境に優しい点で支持されており、安全で清潔な水を提供することを重視しています。特に、子供やペットがいる家庭での使用に安心感を提供します。

これらのウォーターサーバーはそれぞれ独自の特長を持ち、消費者の異なるニーズに応えることができます。安全で便利な水の供給を求める場合には、これらのオプションから最適なものを選ぶことができます。

まとめ

ウォーターサーバーを長期間放置する際の注意点と管理方法について、具体的なガイドラインを提供しました。留守中のウォーターサーバーの適切な扱いは、水質を保持し、後の利用時に健康リスクを避けるために重要です。

特に、放置期間が長くなるほど、適切な対策が求められます。ウォーターサーバーは便利な生活の一部ですが、適切な管理が行われて初めてそのメリットを完全に享受できます。長期不在が予想される場合は、これらのガイドラインを参考にして、安心で健康的な水の利用を心がけましょう。

この記事をシェアする

関連記事

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意すること

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意す...

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている方、必見!!

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている...