塩素が含まれている水道水は毎日飲んでも大丈夫?体への影響は?

毎日使用する水道水には、塩素が含まれています。なぜ、水道水には塩素が含まれているのか、飲んでも体に影響はないのかなど、不安や疑問に感じていることも多いはずです。

今回の記事では、水道水に含まれている塩素について、その目的や安全性について紹介します。私達の生活に直接関わりがある水道水、安心して飲むためにもぜひ参考にお読みください。

そもそも水道水に塩素が含まれているのはなぜ?

イメージ

水道水はプールのような臭いがする、とよく表現されますね。プールの水にも塩素が使用されているため、同じ臭いがするというわけです。では、なぜ、水道水には塩素が含まれているのでしょうか?

その理由は「消毒」です

水道水の原水は、地表に降り注いだ雨や雪、地下に浸透した水を汲み出したものです。この水は浄水場で沈殿や濾過で不純物が除去された後、塩素で消毒・殺菌されています。水道水がカルキ臭いのは、この塩素のためです。

水道水の塩素の量

水道水に含まれる塩素の量は、国の定める水道法により規定があります。蛇口から流れ出る時点で、残留塩素は1Lにつき1mg以下かつ0.1mg以上でなければなりません。この範囲よりも塩素の量が多すぎると臭いがきつくなり、少なすぎると十分な消毒と殺菌ができなくなるからです。各地域によりカルキ臭がきつく感じる水があるのはそのためと言えます。これより各水道局では、独自に残留塩素の目標値を、0.3〜0.6mgに定めています。

そのまま飲んでも体に影響はない

塩素によって水道水の病原菌を消毒・殺菌していますが、心配なのが残留塩素による人体への影響です。しかし、日本では水道法により厳しい基準が設けられているため、体には影響のないレベルの残留濃度で心配は要りません。安心して水道水をお飲みくださいね。

日本の水道水は厳しい基準をクリアした素晴らしい水

日本の水は世界中のどの国よりも、安全で安心な水です。水道インフラがきちんと整備されている日本の水道法では、「51項目の水質基準」の他、水質事業団体には検査の義務があります。検査要請と注意喚起すべき項目については、「27項目の水質管理目標設定項目」があり、基準値を超える水は提供できません。さらに、毒性評価が定まらないものについては「46項目の要請検討項目」があるほどです。

お分かりいただけるように、日本では厳しい基準をクリアせねば、私達の元には水が届けられません。水道水はそれだけ安全な水ということになりますね。

水道水から塩素を抜くには

水道水の安全性については理解ができても、やはり残留塩素が気になる方もいらっしゃるでしょう。小さなお子様がいれば尚更です。残留塩素は、ご家庭でちょっとしたひと手間を加えれば除去できるのをご存知でしょうか?ここでは、ご家庭で簡単にできる、残留塩素の除去方法を紹介します。

浄水器を使う

ひとつ目は、浄水器の使用です。
製品により、除去できる物質や濾過流出量は異なりますが、原水と浄水を切り替えができるようになっています。水道水に含まれる不純物には残留塩素の他にも、水道管の劣化で生じる不純物(鉄、サビ、鉛など)、トリハロメタンなどがあり、これらも臭いの原因や健康に影響を及ぼすおそれがあるとされています。ですが、前項でも説明したように、日本の水道水の安全性については基準をクリアした水のため安心です。

浄水器の他にも、整水器を使用されているご家庭もあるでしょう。こちらは、水道水を浄水後にさらに電気分解させ、水素を含んだアルカリ性の水分を生成します。

ビタミンCと反応させる

ふたつ目は、水道水を中和させる方法です。
使用するのはレモンやオレンジなどに含まれるビタミンC、不粉末の除去剤も販売されています。水道水にビタミンCを入れると、還元反応によって塩素が分解され、風味が良くなります。使用する量は、コップ1杯に対して1〜2滴です。生のレモンやオレンジなどを使用する場合は、外国産だと皮の残留農薬が心配ですので、しっかりと洗ってから使用してください。

汲み置き

3つ目は、汲み置きです。金魚やメダカなどの水替えの際、カルキ抜きのために水の汲み置きをした経験がありませんか?これと同じ考えで、汲み置きした水に日光を当てて6時間〜2日ほど待ちます。時間がかかるのと、水を汲みそのまま放置することになるため、衛生面に抵抗がある方にはおすすめできません。違う方法をお試しくださいね。

煮沸

4つ目は、煮沸です。5分以上煮沸すると、カルキ臭さはなくなり、残留塩素も除去できます。この時に、やかんの蓋は開けたままにしてください。塩素が蒸発しやすくなります。この方法で、消毒のために使用した塩素で発生するトリハロメタンの除去もできます。

トリハロメタンは、煮沸する時間に注意が必要です。沸騰直後はトリハロメタンが増加し、除去のためには10〜15分は沸騰させなければなりません。

水道水を飲むなら浄水機能付きのエブリィフレシャスにお任せ!

今回の記事では、水道水に含まれている塩素について説明しました。安全だと分かっていても、赤ちゃんに与えるとなれば心配ですよね。そんな時こそ、浄水機能付きのエブリィフレシャスにおまかせください。水道水が使用できて水の購入が不要。

浄水機能付きだから、手間もかからず塩素を含む不純物を除去した水がすぐに飲めます。冷たい水や、ミルク作りに最適な温度、それにカップラーメンなどに使用する高温まで、使いたい時に好きなだけ使用できてとても便利です。暮らしにゆとりを与えてくれるエブリィフレシャスで、心も体も潤しましょう。

この記事をシェアする

関連記事

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意すること

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意す...

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている方、必見!!

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている...