ウォーターサーバーの水選びでもう迷わない!おすすめの水の選び方とは

イメージ

ウォーターサーバーに使用される水にはさまざまな種類のものがあります。
本記事では、ウォーターサーバーで使われる水の種類や水を選ぶ際のポイントなどについて、紹介していきます。

最後に、ウォーターサーバーの水選びに悩まなくて済む、おすすめのウォーターサーバーも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

まずウォータサーバーで使われる水はどんなものがある?

はじめにウォーターサーバーで使われている水には、どのような種類の水があるのかを紹介していきます。基本的には、普段私たちが日常的に購入したり、作ったりしながら飲んでいる水と同じものです。
主な種類として「天然水」「ミネラルウォーター」「RO水」「水道水」の4つに分類されます。

それでは、それぞれの特徴も含めて解説していきます。

天然水

天然水とは、特定の水源から採水されている地下水が、地下で移動や滞留する過程でミネラル分が溶解した水のことです。

天然水は長い年月をかけて土壌によってろ過された水を、最低限のろ過処理や沈殿処理、過熱殺菌処理を行います。
そのため、自然そのものの状態を保ち、甘味や深み、自然なまろやかさを感じられます。しかし、高い品質管理が必要となり、ほかの水に比べてコストは高いものです。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれている水の総称です。
そのため、ミネラルウォーターの中には、地層などから染み出したミネラル分を吸収している天然水や、ミネラル分を後から人工的に含ませている水など、さまざまな種類のものがあります。

ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターの原水は、地中などでミネラル成分が溶解した、特定の地下水を対象とします。
その原水から処理方法など一定の基準を満たしたものを、ナチュラルミネラルウォーターと記載されます。

ナチュラルウォーターに比べて、ミネラルが豊富であり、天然水に近い水と捉えても良いでしょう。

ナチュラルウォーター

ナチュラルウォーターとは、特定の水源より採水した地下水をろ過処理や沈殿処理、過熱処理のいずれかの処理を行った水のことです。

水に施す処理としては、ろ過処理や沈殿処理、過熱処理のいずれかの処理のみで、その他の処理は行いません。
ほかのミネラルウォーターでは、複数の地下水の混合やミネラル分の調整などを行う場合もありますが、それらはナチュラルウォーターではありません。

RO水

RO水とは、余分な不純物や有害物質、細菌などを、逆浸透膜(RO膜)によってろ過することで除去した純粋に近い水です。このとき、ろ過によって不純物と一緒に、水のミネラル分まで取り除かれてしまいます。

そのため、ウォーターサーバー会社によっては、人工的にミネラルをブレンドなどの調整を行う場合もあります。ミネラルウォーターなどに比べて味は良くありませんが、コストは少しだけ安いです。

ちなみに、ウォーターサーバーの約7割が「RO水」と呼ばれる水を使っています。

水道水

水道水は、ダム湖や河川などに溜まった雨水や雪溶け水を原水とします。
それらの水を浄水処理場で沈殿やろ過を通して不純物を取り除き、塩素などの殺菌消毒した水です。

各家庭への供給にあたり、水銀や鉛、一般細菌などのあらゆる物質に関して、厳しい水質基準を定めています。
それらの検査に合格した水が私たちの家庭の水道水となります。

ウォーターサーバーの水を選ぶ際にみんなが重要視しているのは?

イメージ

ウォーターサーバーを設置するにあたって、水選びも重要なポイントです。
ここでは、ウォーターサーバーの水を選ぶ際に、みんなが重要視しているポイントについて、紹介します。

今回は、多くの人が気になる「コストパフォーマンス」「おいしさ」「安全性」の3つのポイントについて見ていきます。

コストパフォーマンス

まず、ウォーターサーバーの水選びで気になるのが、コストパフォーマンスです。

ウォーターサーバーを利用するためには、サーバーレンタル料、配送料、電気代など、水以外のランニングコストもかかってきます。そのため、水の代金は多くの人が重視するポイントです。水の値段は天然水かRO水かなどの種類や使用量によって変化します。

ランニングコスト以外にも、各種契約に関する諸経費(メンテナンス料、設置費用、解約均等)がかかることもあるため、できる限り抑えたいところでしょう。

おいしさ

次に、ウォーターサーバーの水選びで気になるのが、おいしさです。
毎日口にする飲みものなので、おいしいほうがいいですよね。RO水などに比べて、天然水の方がナトリウムなども含まれていて、自然の甘みや口当たりで飲みやすいものです。

料理やプロテインなど味のあるものと一緒に使用する際は、あまり気にならないポイントかもしれません。

安全性

最後に、ウォーターサーバーの水選びで気になるポイントが安全性です。

基本的には、ウォーターサーバー自体に除菌機能なども付いているため、ウォーターサーバーの水は安全性が高いといえます。
もちろん、どの種類の水においても、各社の厳しい検査を通過して提供されます。ただし、赤ちゃんなどがいる家庭においては、ミネラルカットなど安全性を重視する方もいるでしょう。
その場合は、RO水やミネラルカットの機能があるウォーターサーバーを選ぶことをおすすめします。

圧倒的コストパフォーマンスの水道水

ウォーターサーバーの水選びをする中で、天然水やRO水、ミネラルウォーターなどの紹介をしてきました。

たしかに、天然水やミネラルウォーターなどは、ミネラル豊富でおいしいです。
また、多くのウォーターサーバーで利用されているRO水も不純物がなく、天然水などに比べるとコストパフォーマンスも優れています。

しかし、ウォーターサーバーは毎日の水分補給や料理など、大量に利用すると、結構なコストがかかります。
そこで、おすすめしたいのが、圧倒的なコストパフォーマンスを誇る水道水です。

天然水、RO水は費用が掛かる

天然水やRO水は、前述のとおり口当たりもよく健康的であるため、多くのウォーターサーバーでも採用されています。

しかし、やはり日常的に利用することを考えると、少しでもコストを抑えたいポイントです。
ペットボトルなどを買うことを考えると、ウォーターサーバーを利用する方が安いですが、ある程度月額料金としてかかってくるでしょう。

水道水のおいしさ

水道水のおいしさについて、近年の水質改善からおいしくなってきていると、いわれています。
その代表例として、東京の水道水を例に見てみましょう。

毎年開催される「東京水飲み比べキャンペーン」では、来場者に水道水とミネラルウォーターをブラインドで飲み比べて、どちらがおいしいかを投票します。投票の結果、ここ数年では水道水がおいしいと回答した人が全体の約6割に上っています。
また、同じく東京では、東京都の水道水を「東京水」として販売も行っています。

水道水の安全性

日本の水道水はだれもが安心して飲めるように、あらゆる不純物など有害物質を51項目の厳しい水質基準で検査をしています。この水質基準は、最新の科学的知見に照らして、逐次基準値の改定が行われています。

これは全国的な基準として設定されていますが、地域によっては、この基準よりもさらに厳しく設定している都道府県もあります。

水道水をもっとおいしく飲むならエブリィフレシャスで!

最近の水道水はおいしく安全に飲めるようになってきています。
ただし、それでも水道水が心配で、浄水した水を飲みたいという方もいるでしょう。

そのような方には、エブリィのウォーターサーバーがおすすめです。
エブリィは、水道水を注ぐだけで、簡単に清潔でおいしい水が作れる定額制のウォーターサーバーです。水道水をきれいにしてくれる浄水カードリッジは無料で、交換カードリッジが6カ月に一度届くので、常に清潔な水を楽しめます。
デザインもしっかり使える床置きとコンパクトな卓上タイプの2種類があるので、自分のライフスタイルに合ったものを選べますよ。

お得なキャンペーンも実施しておりますので、この機会にぜひ、エブリィを利用してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意すること

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意す...

【オフィス・法人向け】ウォーターサーバー10選!会社に置くメリットは何?

【オフィス・法人向け】ウォーターサーバー10選!会社に置くメ...

【独自調査】ウォータースタンドの口コミ&評価は?利用のメリット・デメリットも

【独自調査】ウォータースタンドの口コミ&評価は?利用のメリッ...