ダイエットに最適な水の量とは?飲み方もあわせてご紹介

ダイエットに最適な水の量とは?飲み方もあわせてご紹介

毎日無意識的に飲んでいる水には、代謝アップやむくみ改善といったダイエット効果があります。ダイエットを行うときには、水をこまめに飲むことで、ダイエットの効果を大幅に高められるはずです。

本記事では、ダイエットにおける水の効果やダイエットに最適な水の量、効果的な水の飲み方を解説しています。

手軽にダイエットしたい人やリバウンドしたくない人は、ぜひ本記事を参考にしてください。

イメージ


ダイエットにおける水の効果

水を飲むことには、代謝アップや便秘解消、むくみ改善といったメリットがあります。そのため、通常のダイエット方法に加えて意識的に水を飲むことで、ダイエットの効果をより高められる可能性があります。さらに、水をしっかり飲むだけでダイエット効果を期待できるため、水をこまめに飲む水ダイエットを行う人も増えています。

まずは、ダイエットにおける水の効果を4つ見ていきましょう。

代謝がアップして脂肪を燃焼

水を飲むと、血行が良好になって細胞の働きが活性化するため、基礎代謝が高まります。
基礎代謝とは、特に身体を動かさなくても、臓器や筋肉が消費してくれるエネルギーです。
基礎代謝を高めると消費エネルギーが増えるため、脂肪燃焼効率が良くなってダイエット効果を得られると期待されます。

厳しい食事制限や無理な運動によるダイエットは、効果が高い一方でリバウンドのリスクも高いものです。しかし、水をこまめに飲むダイエットはストレスが少なく、リバウンドのおそれも低いものです。また、基礎代謝がアップすれば日常生活で特に意識しなくても、自然と脂肪が燃焼して楽に痩せられます。

ほかのダイエット方法がうまくいかなかった人にも、水を飲むダイエットはおすすめです。

血流を良くしてむくみの改善

人間の身体は、およそ60%が水分で構成されています。また、一部の水分は血液やリンパ液として、老廃物や余分な水分を汗や尿として排出する役割を持ちます。そのため、水分が不足すると余分な水分がきちんと排出されなくなって、むくみにつながります。

しっかり水を飲むことで、血流が良くなって余分な水分や老廃物がスムーズに排出されるようになれば、むくみが改善してボディラインがスリムになる可能性が高いです。

便秘を解消してくれる

便秘の原因はさまざまですが、便に含まれる水分が少なくなることでスムーズに排便されなくなって、便秘が起こる場合があります。そのため、水を適切に飲むと便に含まれる水分が増えて、便秘が解消されると期待できます。

便秘解消は、基礎代謝の向上につながることから、ダイエット効果ももたらされます。

アンチエイジングにも効果あり

年齢が上がるとともに、肌の生まれ変わり周期であるターンオーバーが遅くなってしまいます。その結果、肌のくすみやシミが起こりやすくなって、肌の老化につながるのです。しかし、水を飲むと血流がアップして細胞の働きが活性化し、肌のターンオーバーが正常になる可能性があります。肌のターンオーバーが整えば、肌に関する悩みが解消されやすくなって、アンチエイジング効果を得られるはずです。

また、水にはカルシウムやカリウム、マグネシウムなどのミネラルが含まれていますが、こうした成分がアンチエイジングに効果があると言われています。

イメージ


ダイエットに最適な水の量

水を飲むとさまざまな効果を得られますが、自分の体重に適した水の量を飲むことが重要です。ここでは、ダイエットに最適な水の量について詳しく見ていきます。

一日に消費する水の量は2L~2.5L

一般的に、健康な成人の場合、体重1kg×約35mlの水が必要と言われています。例えば、体重50kgの人は1.7L、60kgであれば2.1L、70kgでは2.4L、80kgなら2.8L必要ということになります。体重が重ければ重いほど、1日に消費する水の量は増えるうえに、汗をかきやすい人はより多くの水が必要となる点に注意してください。

2L~2.5L以上の水を飲むようにしましょう

水ダイエットをするうえでは、自分の体重や汗のかきやすさに合わせて、適切な量の水を飲むことが重要です。1日に身体が吸収できる水の量は決まっているため、適量以上の水を飲んでも効果は薄いどころか、頭痛やめまいといった症状の低ナトリウム血症を引き起こすおそれがあります。また、余分な水分が溜まって、むくみが悪化する可能性も高いです。そのため、1日の適量を守ったうえで、水を飲むことが欠かせません。

イメージ

水でダイエットをする際の飲み方

水を飲むことでダイエット効果や美容効果を上げたい場合、水を飲むタイミングや水の温度に注意する必要があります。また、飲む量は多ければ多いほど良いというわけではないため、水の飲み過ぎには注意しましょう。

それでは、水でダイエットをする場合の、おすすめな飲み方と注意点を解説していきます。

温度は高すぎず低すぎずで8℃~13℃

ダイエット効果を高めたい場合、飲む水の温度は8℃から13℃を目安にするのがおすすめです。これは、冷たすぎる水は身体を冷やし、血行不良や消化機能の低下につながるためです。

血行が悪くなれば基礎代謝が落ちてしまううえに、腹痛が起こって健康を害してしまいます。しかし、冷たすぎない常温の水であれば、身体に負担をかけることなく水分補給ができます。人肌程度の温度で、冷たいと感じない水を飲むようにするのが良いでしょう。

また、起床時や寒いときには、温かい白湯を飲むこともダイエットに効果的です。白湯を飲むことで身体や内臓が温まって、基礎代謝が上がる効果があります。また、起床時に白湯を飲むと身体のスイッチが入って、自律神経が整いやすくなるメリットも期待できます。

とにかくこまめに摂取することを意識する

一度に大量の水を摂取しても、身体が吸収できる量には限界があります。限度を超えた量の水を飲んでも、汗や尿として排出されるばかりか、身体が余分な水分を貯め込むようになってむくみにつながりかねません。

こうした理由から、大量の水を一度に飲むのではなく、1杯150mlから200ml程度の量を目安としてこまめに飲むのがおすすめです。

食前の1時間前がおすすめ

食事中や食事の直前に水を飲み過ぎると、胃酸が薄まって胃腸の働きが弱まるリスクがあります。その結果、食べたものをきちんと消化できなくなるため、吸収できる栄養の量が減ることが懸念されます。栄養が足りなくなれば、基礎代謝の低下などさまざまな健康障害を引き起こしかねません。

特にダイエット中は食事制限によって普段よりも栄養が不足しがちであるため、食事中や食事の直前に水を飲むことは避けたほうが良いでしょう。一般的には、食事の1時間前から30分前までに水を飲んでおくのが消化に良いと言われています。

イメージ

飲みすぎにも注意が必要!

水を飲む量が多ければ多いほど、健康に良いというわけではない点に注意してください。これは、水の過剰摂取が低ナトリウム血症を引き起こして、健康を害するおそれがあるからです。ナトリウムは、人間の筋肉や神経の働きを調整する大切な成分ですが、水を摂りすぎると体内のナトリウム濃度が低下してしまいます。その結果、頭痛やめまい、吐き気や意識障害をはじめとした症状が起こる、低ナトリウム血症に陥る可能性があるのです。

健康のために水を飲んでいたはずなのに、水を飲み過ぎることでかえって健康を害してしまっては本末転倒です。しかし、こまめな水分補給は、習慣づくまではなかなか大変かもしれません。そこでおすすめなのが、浄水型ウォーターサーバーの利用です。

水でダイエットをするならエブリィフレシャスで!

エブリィフレシャスは、水道水を注ぐだけで安全性が高くおいしい水が飲める、浄水型ウォーターサーバーです。水道水に含まれている残留成分を取り除くため、口当たりまろやかでおいしい水が飲めます。また、冷水から常温水、白湯まで6段階もの温度設定ができるため、シーンや用途に合わせて便利に水を用意できます。起床時や寒いときには白湯を、普段の水ダイエットには常温水を、暑いときには冷水を、といった使い分けもラクラク。エブリィフレシャスを利用すれば、楽しみながら水ダイエットを継続できるはずです。

エブリィフレシャスは、水を注ぎやすい床置きタイプと、コンパクトな卓上タイプの2種類をご用意。お部屋のインテリアやレイアウトに応じて、お好きなタイプをお選びください。また、利用料金は定額制で、水は飲み放題です。水ダイエットに興味がある人、リバウンドせずに痩せたい人は、ぜひエブリィフレシャスでダイエットをしてみませんか?

この記事をシェアする

関連記事

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意すること

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意す...

【オフィス・法人向け】ウォーターサーバー10選!会社に置くメリットは何?

【オフィス・法人向け】ウォーターサーバー10選!会社に置くメ...

【独自調査】ウォータースタンドの口コミ&評価は?利用のメリット・デメリットも

【独自調査】ウォータースタンドの口コミ&評価は?利用のメリッ...