ウォーターサーバーがいらない理由とは?

目次

ウォーターサーバーが家庭や職場で普及していますが、実際には必要ないと考える人も少なくありません。何故か? その答えは、生活スタイルや個々のニーズが大きく影響しています。この記事では、ウォーターサーバーが不要だと感じる理由と、それを必要とする人々の間にどのような違いがあるのかを探求します。

ウォーターサーバーが提供する便利さとは裏腹に、その維持にはコストがかかり、場所もとります。これからウォーターサーバーを導入しようか迷っている方にとって、この記事が冷静な判断材料となるでしょう。

ウォーターサーバーがいらない理由13選

ウォーターサーバーを導入する前に、その必要性を十分に検討することが大切です。ここでは、ウォーターサーバーがいらないと感じる人たちが挙げる主な理由を13点紹介します。特に「ランニングコストがかかる」と「水が重たい」という2つの理由は、多くの人が感じる大きなデメリットです。

理由①:毎月、費用がかかる

ウォーターサーバーの最大のネックと言われるのが、ランニングコストです。水ボトルの交換や電気代、メンテナンス費用など、見落としがちな追加コストが発生します。特に、家庭用ウォーターサーバーの場合、水の消費量によっては、一般的な水道水を利用するよりも高額になることがあります。これは、月々の家計に無視できない影響を与える可能性があります。

理由②:とにかく水が重たい

ウォーターサーバーのボトルは一般的に12リットル以上あり、これを頻繁に取り替える必要があります。重量があるため、高齢者や力のない人にとっては、このボトルの取り扱いが非常に大変です。また、設置場所への持ち運びも一苦労で、これが理由でウォーターサーバーを避ける人も少なくありません。特に狭いスペースに住む人々にとっては、その重さと置き場所を確保することが、さらなる負担となるのです。

これらの理由から、ウォーターサーバーが適していないと感じる場合は、他の代替案を検討する価値があります。たとえば、浄水器の設置や定期的な水の配達サービスなどが考えられます。これにより、ランニングコストを抑えつつ、利便性を保持することが可能です。

理由③:大きくて場所をとってしまう

ウォーターサーバーがいらないと感じる大きな理由の一つに、そのサイズとスペースの要求が挙げられます。特に小さな住まいや限られたスペースを有効に使いたい家庭では、ウォーターサーバーの大きさが問題となります。

サーバー自体が占めるフットプリントは意外と大きく、一旦設置すると、その場所は他の用途には使用できなくなるため、部屋のレイアウトを大きく制限することになります。このように、貴重な居住空間を圧迫するのは、特に都市部の狭いアパートメントに住む人々にとって顕著なデメリットです。

理由④:使わないと物置きになる

ウォーターサーバーが意外な落とし穴として、使われないときは**「物置」としての役割を果たしてしまう**ことがあります。サーバーの上部や周囲が小物を置く場所として便利だと感じる一方で、これがゴミや不要品を溜め込む原因にもなりかねません。この習慣は、サーバーの美観を損ね、場合によっては衛生的な問題を引き起こすこともあります。結局、本来の機能を超えた使い方がされることで、その存在意義が薄れてしまうのです。

理由⑤:予想外の不安定さ

ウォーターサーバーの安定性に関しては、多くのユーザーが見落としがちですが、実際にはこれが大きな問題となることもあります。サーバーが不安定であると、特に家庭内に小さな子どもやペットがいる場合、転倒や水漏れのリスクを招くことになります。水ボトルの重さによっては、サーバーが前のめりに傾くこともあり、これが事故に繋がる可能性も否定できません。このようなリスクを考慮すると、ウォーターサーバーは予想以上に管理が必要な家電と言えるでしょう。

理由⑥:不必要な使命感が生じる

ウォーターサーバーを導入すると、多くの場合、一種の使命感に駆られることがあります。これは、高額な初期投資やランニングコストを正当化するため、無意識のうちに自分や家族にウォーターサーバーからの水を飲むことを強いる状態を指します。たとえ口に合わない場合でも、投資した価値を見出すために、「水を飲む習慣を身につけなければ」と無理に消費を促す状況が生まれがちです。この結果、ウォーターサーバーが家庭内でストレスの源に変わることも少なくありません。

理由⑦:水道水と比較しても安全性が高いわけではない

市販のボトルウォーターやウォーターサーバーの水が、必ずしも水道水よりも安全であるとは限らないのも大きな理由です。多くの地域で提供されている水道水は、厳格な安全基準に従って処理されています。一方、ボトルウォーターの品質はブランドによって異なり、常に一定とは限りません。実際、過剰なマーケティングによって、水道水よりも優れていると誤解を招くケースもあります。このように、安全性を理由にウォーターサーバーを選ぶ際は、その根拠に疑問を持つことが大切です。

理由⑧:清掃の手間がかかる

ウォーターサーバーを維持するには、定期的な清掃とメンテナンスが不可欠です。サーバー内部の水タンクや配管は、時間と共に汚れや細菌が蓄積しやすい環境になります。このため、適切な衛生管理を怠ると、水質が悪化するリスクが高まります。定期的な清掃は専門知識を要することも多く、これが予想外の手間と費用につながることも少なくありません。ウォーターサーバーの利便性を享受する一方で、その維持には意外と多くの労力が必要となるのです。

理由⑨:他に選択肢が存在する

ウォーターサーバーに頼らずとも、水の供給は多様な方法で実現可能です。例えば、浄水器の設置は一度の投資と定期的なフィルター交換で済み、同等またはそれ以上の水質を得ることができます。また、再利用可能な大容量ボトルを購入し、公共の水補充ステーションを利用する方法も広がりつつあります。これにより、コストを抑えつつエコフレンドリーな選択が可能になり、ライフスタイルに合わせた水の利用が実現します。

理由⑩:サポートが不十分

多くのユーザーが経験するのが、ウォーターサーバーのサポート体制の不十分さです。問題が発生した際の対応の遅さや、不親切なカスタマーサービスは利用者の大きなストレス源となります。特に、契約後のサービスが期待外れであることに対して、多くの利用者がフラストレーションを感じています。適切なメンテナンスや迅速なトラブルシューティングが期待できない場合、その利用価値は大きく減少します。

理由⑪:解約時に違約金が発生する

ウォーターサーバーを解約する際に発生する解約手数料や違約金は、そのサービスを止めたいと考えたユーザーにとって大きな障壁となります。多くのサービスでは、特に契約初期に解約すると高額な費用が発生することが一般的です。このため、一度契約すると、不本意ながらも継続使用することを余儀なくされるケースが少なくありません。このように、フレキシブルな利用を妨げる契約条件は、ユーザーにとって大きなデメリットと言えるでしょう。

理由⑫:定期注文の義務が不快

ウォーターサーバーを利用する際に遭遇する可能性のある一つの問題は、水の注文ノルマです。多くのサービスでは、一定量の水を定期的に注文することが契約条件とされています。これが、実際の水の使用量に見合わない場合、不必要なストレスとなり、また無駄な出費を強いられることにもなります。消費者のライフスタイルや実際の水の使用量にフレキシブルに対応しないこのシステムは、多くのユーザーにとって大きなデメリットとなっています。特に少人数世帯や単身世帯では、ノルマを消化しきれずに水が余ってしまうことがしばしばあります。

理由⑬:定期的なメンテナンスが必要

ウォーターサーバーを使用するもう一つの障害は、定期的なメンテナンスの必要性です。サーバーの清掃やフィルターの交換、機器の検査など、維持管理には一定の労力が必要とされています。これらの作業は、専門の知識を必要とすることが多く、自分で行うには手間がかかりますし、プロに依頼する場合には追加費用が発生することが一般的です。特に忙しい日常を送る人々にとって、このような定期的なメンテナンスは負担となり得ます。清潔で安全な水を確保するためには必要不可欠な作業ではありますが、その手間を考慮すると、ウォーターサーバーの利便性が相対的に低下することになります。

ウォーターサーバーを契約で後悔しないための方法

ウォーターサーバーを家庭やオフィスに導入する際、多くの人がその利便性や健康面でのメリットに惹かれます。しかし、契約後に後悔しないためには、いくつか重要な検討事項があります。ここでは、ウォーターサーバーを選ぶ際に考慮すべきポイントを詳しく解説します。

サーバーのサイズと設置スペースを先に計画する

ウォーターサーバーを自宅に導入する際に、最も重要なのはサイズと設置場所の適合性です。サーバーの大きさを事前に確認し、自宅のスペースとマッチするかを検討することが非常に重要です。特に、限られたスペースにサーバーを置く場合、その寸法が予めわかっていることは、後々のストレスを避けるためにも大きな利点となります。実際にサーバーを設置する予定の場所の広さ、形状、周辺環境を考慮した上で、最適なモデルを選ぶことが推奨されます。家具や家電との調和を考えながら、インテリアを損なわないスタイリッシュなデザインの製品を選ぶことも重要です。

ボトルの保管場所を事前に確保

ウォーターサーバーの便利さを最大限に活用するためには、水ボトルの保管場所も計画的に準備することが必要です。適切な保管場所がなければ、使用するたびにボトルの運搬や保管に苦労することになります。特に、ボトルの重量があるため、容易にアクセス可能で、かつ安全な保管場所を事前に確保しておくことが望ましいです。可能であれば、ウォーターサーバーの近くに専用のラックを設置し、複数のボトルをスマートに収納できるようにすると、日々の利用がぐっと楽になります。このようにして、ウォーターサーバーを家庭内で効率良く、かつ美しく使うための環境を整えることが大切です。

ブランドごとの機能と価格を比較

ウォーターサーバーを選ぶ際、各メーカーの提供するサービスや機能の比較は非常に重要です。各メーカーが提供する製品の性能、コスト、利便性などを詳細に比較することで、自身のライフスタイルや予算に最適な選択が可能となります。特に、水の品質、サーバーの機能性(温水・冷水の可否)、デザイン、サイズなど、日常使用において重要な要素を中心に検討することが推奨されます。また、各製品のユーザーレビューや評価を参照し、実際の使用感や満足度を確認することも、賢い選択をする上で不可欠です。消費者の意見は製品選定において非常に貴重な情報源となりますので、これらを積極的に活用しましょう。

無料トライアルが可能なメーカーを選択

ウォーターサーバーを導入する際、無料トライアル期間を提供しているメーカーを選ぶことは、賢明な戦略です。無料期間中にサーバーを実際に使用してみることで、商品の品質やサービスの満足度をリスクなく評価することができます。このトライアル期間は、製品が自宅やオフィス環境に適合するかどうかを判断する絶好の機会を提供します。特に、長期契約を前提とするサービスであるため、事前に十分な評価が可能な無料期間を提供するメーカーを選ぶことは、後悔を避けるための重要なステップとなります。無料トライアルを提供しているメーカーを選ぶことは、消費者にとって有利な選択肢と言えるでしょう。

静音設計のものを選ぶ

ウォーターサーバーを選ぶ際には、静音設計のモデルに注目することが重要です。特に、リビングや寝室など、静かな環境を保ちたい場所に設置する場合、サーバーから発生する騒音は快適性を大きく左右します。高品質な静音設計のウォーターサーバーは、ポンプの動作音や冷却ファンの騒音を抑える技術を採用しており、日常生活においてほとんど気にならないレベルで運用することが可能です。これにより、夜間や早朝でも、サーバーの使用が家族の睡眠やリラックスタイムを妨げることなく、快適に水分補給を行うことができます。そのため、静音性を優先するユーザーにとって、この特性は非常に重要な選択基準となります。

デザインが部屋に合うかを事前にチェックする

ウォーターサーバーはただの実用品ではなく、インテリアの一部としての役割も担います。そのため、デザインが部屋の雰囲気やテーマに合っているかを確認することは、見た目の調和と空間の美観を保つ上で非常に重要です。市場には様々なスタイル、色、素材を用いたウォーターサーバーが存在し、モダンからレトロ、シンプルから高級感あふれるデザインまで幅広く選べます。購入前には、サーバーが置かれる予定の部屋の写真と比較検討するなど、視覚的な調和を確認することで、後悔のない選択が可能となります。特に、オープンな空間に置く場合は、デザインが部屋の印象を大きく左右するため、細部にわたってチェックすることが推奨されます。

ウォーターサーバーを契約してよかったこと8選

ウォーターサーバーを自宅に導入することは、多くの利便性と快適性をもたらします。ここでは、ウォーターサーバーを使うことで得られる主なメリットを8つ紹介します。

①冷水と温水がいつでも使用できる

ウォーターサーバーの最大の魅力の一つは、即座に冷水と温水を利用できる点です。特に夏場の冷たい水の需要や、冬場の温かい飲み物への要望に応えられることは、日常生活において非常に便利です。この機能により、飲料水の準備が非常に迅速かつ効率的に行えるため、忙しい朝や訪問者があった際も素早く対応することが可能です。また、電気ケトルやウォーターボイラーを使う手間が省けるため、キッチンの作業スペースもスッキリと保つことができます。

②水を購入する手間がなくなる

定期的に水を購入する手間が完全になくなるのも、ウォーターサーバーの大きなメリットの一つです。特に重い水のボトルをスーパーマーケットやコンビニから自宅まで運ぶ労力は、特に高齢者や体力に自信のない人にとってはかなりの負担です。ウォーターサーバーを利用することで、定期的に自宅まで水が届けられるため、このような重労働から解放されます。さらに、水のストックを心配することなく、いつでも新鮮で美味しい水を楽しむことができ、日々の生活の質が向上します。

③料理に美味しい水を使用できる

料理の味は使う水によって大きく変わります。ウォーターサーバーから供給される水は、一般的にフィルター処理された清潔で新鮮な水であるため、料理をより美味しくすることができます。この水を使用することで、炊飯したご飯がふっくらと仕上がり、スープや煮物の味わいも格段にアップ。料理の品質を一層向上させる効果が期待できます。また、水に含まれる不純物が少ないため、味の濁りがなく、素材の風味を引き立てます。これは、料理をする際に非常に重要なポイントです。

④赤ちゃんのミルク作りに役立つ

ウォーターサーバーのもう一つの利点は、赤ちゃんのミルク作りに最適な温度の水がすぐに使えることです。多くのウォーターサーバーは、約85℃〜90℃の温水を提供するため、赤ちゃんのミルクを安全に準備するのに適しています。この機能により、親はミルクを作るために毎回お湯を沸かす手間を省け、夜中の授乳がぐっと楽になるなど、育児の負担が軽減されます。また、温水は即座に利用できるため、泣いている赤ちゃんを待たせる時間も短縮でき、親子ともにストレスフリーな環境を提供します。

⑤災害時の備蓄水になる

ウォーターサーバーの水は、非常時の備蓄水としても非常に役立ちます。地震や台風などの災害が発生した際に、水道の供給が止まることがありますが、ウォーターサーバーであれば、あらかじめボトルに保存されている水をそのまま利用できるため、即座に飲料水を確保することが可能です。また、ボトルは密封されているため、水質が保たれ、衛生的にも安心です。災害対策として、ウォーターサーバーの存在は非常に心強いものと言えるでしょう。

⑥マイボトルの習慣がつきやすくなる

ウォーターサーバーがあると、外出前にすぐにマイボトルに水を入れることができます。これは、日常的に水分補給を行う習慣を支える大きなポイントとなります。家から持参した水であれば、無駄なペットボトルの購入を減らすことができ、環境への配慮にもつながります。また、いつでも新鮮な水が手元にあることで、外出時も水分補給が容易になり、特に暑い季節や運動をする際にも安心です。この習慣は、健康的なライフスタイルの基盤を築くのに役立ちます

⑦水を飲む習慣が身につきやすい

日々の水分補給は健康を維持する上で非常に重要です。ウォーターサーバーが家にあることで、水を飲むことが一日のルーチンに簡単に組み込めます。水を常に利用しやすい状態に保つことで、無意識のうちに適切な水分摂取の習慣が身につくでしょう。特に、子供がいる家庭では、水を手軽に取ることができる環境を整えることで、子供たちにも水分補給の習慣を自然に教えることができます

⑧お茶やコーヒーを入れやすい

ウォーターサーバーは冷水だけでなく、温水も提供するため、お茶やコーヒーを入れる際にも大変便利です。温水機能を使えば、待ち時間なくすぐに温かい飲み物を楽しむことができ、特に忙しい朝やリラックスしたい時には手間を省くことができます。また、ウォーターサーバーからの水は清潔で質が高いため、飲み物本来の味を損なわずに最高の状態で楽しむことができるため、お茶やコーヒー愛好家にとっても嬉しいメリットです。この一手間が省けることで、日常生活がより快適になります。

一人暮らしでウォーターサーバーが必要な人の特徴5選

一人暮らしをしている方々にとって、ウォーターサーバーの導入は単なる贅沢品とは異なり、日常生活の質を向上させる有用なツールとなることがあります。特に以下のような生活スタイルを持つ人には、ウォーターサーバーが大きな役割を果たすことが期待されます。

ミネラルウォーターをよく飲む人

水質にこだわりを持つ方や、ミネラルウォーターの味を好む方にとって、ウォーターサーバーは大変便利です。手軽に高品質の水が飲めるという点は、ミネラルウォーターを頻繁に購入する習慣がある人にとっては、コスト削減にも繋がります。さらに、重たいボトルを運ぶ手間を省けるため、日々の生活がよりシンプルで楽になります。特に一人暮らしでは、買い物の度に大量の水を運ぶのが大変な作業ですから、ウォーターサーバーの導入によって、生活の質が向上することは間違いありません。

テレワークで在宅勤務が増えた人

テレワークや在宅勤務が増えたことにより、自宅で過ごす時間が長くなっている現代人にとって、アクセスしやすい水源は必須です。ウォーターサーバーからは、好みに合わせて冷水や温水をすぐに利用することができます。これにより、在宅勤務中の水分補給が手軽になり、集中力の維持や健康管理に役立ちます。また、コーヒーやお茶を頻繁に飲む場合にも、いちいち水を沸かす手間が省けるため、作業の効率化にも寄与します。これらの利点は、在宅での労働環境を大幅に改善する可能性を秘めています。

冷水・温水を使うことが多い人

ウォーターサーバーの便利さを日常的に感じることができるのは、冷水や温水を頻繁に使用する人たちです。即座に利用可能な温水は、朝の忙しい時間にティーバッグやインスタントコーヒーをさっと準備する際に大変便利です。また、暑い日にはすぐに冷たい水が飲めるため、特に夏場の水分補給が格段に楽になります。快適な生活を送るための大きな支援となるでしょう。

店舗で購入したお水を運ぶのが大変な人

重たい水のボトルを自宅まで運ぶのは、特に高齢者や体力に自信のない人にとって一苦労です。特にエレベーターがないアパートやマンションにお住まいの方にとっては、水の購入が大きな負担となることも。ウォーターサーバーなら、定期的に自宅まで配達されるため、重たい荷物を運ぶ手間が省け、日常生活がぐっと楽になります

赤ちゃんや小さい子どもがいる人

小さなお子さんがいる家庭では、安全で清潔な水を常に用意しておくことが重要です。ウォーターサーバーから供給される水は、定期的なメンテナンスとともに品質が保証されており、赤ちゃんのミルク作りにも安心して使用できます。また、子どもが自分で水を取る練習をする際にも、安全なロック機能付きのサーバーを選べば、事故のリスクを減らすことができます。これにより、子ども自身が自立心を育みながら、安全に水分補給を行うことが可能になります

ウォーターサーバーをやめずに長期間利用するためのポイント4選

ウォーターサーバーを長く継続して利用するには、選び方が非常に重要です。ここでは、長期間ウォーターサーバーを快適に使い続けるための重要なポイントを紹介します。

ボトル交換しやすい機種を選ぶ

ウォーターサーバーの使い勝手を大きく左右するのが、ボトルの交換のしやすさです。特に、ボトルが重たいため、設置や交換が困難なモデルは使い勝手が悪く、利用をやめてしまう原因にもなります。下置き式のウォーターサーバーは、ボトルを持ち上げる必要がなく、腰を痛める心配も少ないため、高齢者や力の弱い方にもおすすめです。簡単に交換ができるモデルを選ぶことで、日常的なメンテナンスがずっと楽になり、長期間の利用が見込めます。

浄水型のウォーターサーバーを選ぶ

従来のウォーターサーバーではボトルの交換が必要ですが、浄水型ウォーターサーバーを選ぶことで、その手間を省くことができます。このタイプのサーバーは、直接水道水を利用して、その場で水を浄化・冷温調整します。定期的なボトルの購入や保管の必要がなく、使いたいときにいつでも新鮮で清潔な水を利用できるため、コストと労力の両方を削減できる大きなメリットがあります。さらに、フィルターの交換のみで良いため、エコロジー的にも優れています。

月額料金を理解しておく

ウォーターサーバーを選ぶ際、最も重要な要素の一つが月額料金の全体像を理解することです。多くのユーザーが見落としがちですが、料金体系は非常に複雑になっている場合があります。基本的なレンタル料金のほかに、水のボトル代、メンテナンス費用、場合によっては配送費が加算されることもあります。明確なコスト計算を行うことで、予期せぬ出費を避け、毎月の予算内で管理することが可能です。また、料金プランを比較する際には、長期的な割引やキャンペーン情報にも注目し、最もコストパフォーマンスの高いプランを選ぶことが重要です。

ウォーターサーバーに求める要素を明確にしておく

ウォーターサーバー選びで後悔しないためには、自分が何を求めているのかを事前に明確にすることがカギとなります。利用目的は家庭用でしょうか、それともオフィス用でしょうか?必要な水量はどのくらいか、温水機能は必要か、デザインはインテリアに合っているか等、詳細な要件をリストアップします。これにより、無用な機能にお金を払うことなく、必要な機能を備えたモデルを選ぶことができます。例えば、赤ちゃんのいる家庭では、すぐに使える温水機能がついたウォーターサーバーが便利です。また、環境への配慮から、エネルギー効率の良いモデルを選ぶことも重要です

おすすめのウォーターサーバー3選

ウォーターサーバー選びにおいて、性能、デザイン、コストパフォーマンスなどさまざまな要素が考慮されます。ここでは、特におすすめの3つのウォーターサーバーブランドを詳しくご紹介します。これらは利便性、デザイン、サポート体制で高評価を受けており、多くの家庭やオフィスで選ばれています。

エブリィフレシャス

エブリィフレシャスは、デザイン性と機能性を兼ね備えたウォーターサーバーとして知られています。特に注目すべきは、そのエコモード機能で、これにより不使用時の電力消費を大幅に削減することが可能です。さらに、12種類以上のデザインバリエーションがあり、どのようなインテリアにもマッチする選択肢を提供しています。利用者からは、水の味の良さと、設置後の手軽さが高く評価されています。

ヴィヴィウォーター

ヴィヴィウォーターは、特に家庭用におすすめのウォーターサーバーです。このサーバーの最大の魅力は、高性能な浄水技術にあります。市販の水とは一線を画す、きめ細やかな水質管理が可能で、日々の健康をサポートします。加えて、コンパクトな設計でありながら、必要十分な水量を確保できるため、小さなキッチンにも置きやすいと好評です。

ハミングウォーター

ハミングウォーターは、利便性とサービスの良さで選ぶならピカイチの選択肢です。ユーザーが直面しがちなメンテナンスの手間を軽減するために、独自のサポートシステムを整えており、定期的な清掃やフィルター交換なども代行してくれます。また、ハミングウォーターは、異なる温度設定の水を即座に提供することが可能で、使用するシーンを選ばない多機能性を備えています。

まとめ

ウォーターサーバーに関する情報を様々な角度から検討し、その利点と潜在的なデメリットについて解説してきました。ウォーターサーバーの導入は、単に便利な水の供給源を提供するだけでなく、ライフスタイルや健康への影響も大きい選択です。

ウォーターサーバーが適している人は、常に清潔で安全な水を手軽に利用したい家庭や、特定の水質基準を求めるユーザーです。特に、小さな子どもがいる家庭や、災害時の備えとしてウォーターサーバーを導入することは、非常に有益な選択と言えるでしょう。

一方で、ウォーターサーバーを導入するデメリットとしては、コストやメンテナンスの手間が挙げられます。また、使用する水の量によっては、予想以上にコストがかかることもあります。このため、ウォーターサーバーを選ぶ際には、ランニングコストやサポート体制、そして何よりもサーバーの機能が自分のニーズに合っているかを慎重に評価することが重要です。

最終的に、ウォーターサーバーの選択は個人のニーズに強く依存します。日常的に十分な量の水を消費し、品質にこだわりたい方には強く推奨されますが、少量の水しか必要としない場合やコストを極力抑えたい場合には、他の選択肢を検討するのが賢明かもしれません。

このガイドが、ウォーターサーバーを選ぶ際の役立つ情報源となり、あなたにとって最適な選択をする手助けになれば幸いです。さまざまなウォーターサーバーのオプションを検討し、あなたとあなたの家庭に最適なものを見つけてください。

この記事をシェアする

関連記事

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意すること

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意す...

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

ウォーターサーバーのお湯で作るコーヒーとは?

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている方、必見!!

【断る方法5選】ウォーターサーバーの勧誘がうざい!困っている...