簡単に続けられる水ダイエットのやり方と効果を徹底解説

簡単に続けられる水ダイエットのやり方と効果を徹底解説

水ダイエットとは、水を効果的に飲むことで体型のスリム化や健康維持を目指すダイエットです。キツイ食事制限もなく、水を飲むだけでダイエット効果を期待できるとして、水ダイエットに取り組む人が増えてきています。

本記事では、水ダイエットの正しいやり方や期待できる効果を解説しています。日々の生活で手軽にダイエットをしたい方、健康維持を目指している方はぜひ本記事を参考にしてください。


イメージ

水ダイエットについて知ろう

水ダイエットは、適切な方法で行うことで効果を期待できます。
まずは、水ダイエットのメカニズムについて、改めて確認していきましょう。

イメージ

そもそも水ダイエットとは

水ダイエットとは、1日に必要な量の水をこまめに飲むことで、基礎代謝のアップや便通改善といった効果を得るダイエット方法です。水を飲むことですぐに体重が落ちたり、脂肪が分解されたりといったダイエット効果はなく、効果があらわれるまでにおよそ1ヶ月ほど時間を要すると言われています。

しかし、水ダイエットは厳しい食事制限と比較してリバウンドのリスクが低く、手軽に続けやすいメリットがあります。

水ダイエットで痩せる理由

水ダイエットでは、キツイ食事制限や運動をせずとも、痩せる効果を期待できます。その大きな理由は、水を飲むことで基礎代謝が上がるからです。

基礎代謝とは、運動を行わなくても知らないうちに消費されていくエネルギーです。一般的に、人間が1日で消費するエネルギーのおよそ70%が基礎代謝で消費されると言われています。そのため、体重を落として痩せたい場合、基礎代謝をしっかり高めることが大切です。

この基礎代謝の消費カロリーのうち、内臓の活動による消費カロリーが6割を超えますが、水を飲むことで内臓の活動が活発になって消費カロリーが増えると考えられています。理由としては、水を飲むことで下がった体温を高めようと、内臓の活動が活発になることが挙げられます。

水ダイエットのやり方をご紹介

水ダイエットはただ大量に水を飲めば良いというものではなく、飲む時間やタイミング、水の温度に注意する必要があります。
ここでは、水ダイエットを効果的に行うためのポイントを紹介していきます。

一気に飲むのではなく、こまめに飲む

水ダイエットでは、1度に大量の水を飲むのではなく、何回かにわけてこまめに飲むことが大切です。その理由には、身体が1度に吸収できる水の量には限度があることと、1度に大量の水を飲むことで低ナトリウム血症を起こす危険性があることが挙げられます。

一般的に、人間の身体では短時間で200〜250ml程度の水しか吸収できないと言われています。そのため、一度に大量の水を飲んでも、この限度を超えた水は吸収されずに尿として排出されてしまうのです。

また、大量の水を一気に飲むと、低ナトリウム血症を引き起こすリスクが高まります。低ナトリウム血症は、体内の水の量が増えすぎることで、筋肉や神経の働きを維持するナトリウムの濃度が薄まって起きる病気です。頭痛やむくみ、吐き気といった症状のほか、最悪のケースでは意識障害が起こることもあります。

この2つの理由から、水ダイエットに限らず、1度に大量の水を飲むことは望ましくないと言えます。6~8回程度にわけて、こまめに水を飲むようにしましょう。

水を飲む時間やタイミングを決める

水ダイエットの効果を得るためには、毎日継続することが欠かせません。したがって、水を飲む時間やタイミングを決めて、水をこまめに飲む習慣をつけることが大切です。

水を飲むタイミングとしておすすめなのが、起床時・入浴前後・就寝前です。就寝中はコップ1杯分の汗をかいていると言われているように、知らないうちに多くの水分が失われています。そのため、就寝前と起床時にしっかり水を飲むことで、脱水症状を防げると期待できます。

また、起床時は水を飲むと体内時計がリセットされて、身体のリズムが整う効果もあります。
入浴時にも無意識のうちに多くの汗をかいているため、入浴前後にはきちんと水を飲んで代謝を下げないことが大切です。

冷やしすぎた水は飲まない

水ダイエットでは、水の温度にも注意が必要です。あまりにも冷たい水は、胃腸を冷やして消化機能を低下させてしまいます。消化機能が低下してしまうと、体調が悪くなって健康を害してしまうため、10℃前後の水や常温の水を飲むようにしましょう。
また、起床時や寒い季節には、温めた水もおすすめです。
温かい水で身体を温めると、内臓の動きが活発になって基礎代謝が高まる効果を期待できます。

できるだけ飲みやすい水を選ぶ

水ダイエットは継続することが大切であるため、できるだけ飲みやすい水を選ぶことをおすすめします。
もちろん水道水をそのまま飲んでも構いませんが、浄水器を通した水はおいしさがアップして口当たりもまろやかです。

また、浄水器を通した水は、残留塩素などの成分が減少した安全な水です。気持ちよく水ダイエットを続けるためにも、浄水器を取り入れることは効果的と言えます。

一日に必要な水の量は2.5Lほど

成人の場合、体重1kgにつきおよそ35mlの水を飲む必要があるとされています。つまり、体重50kgの人は1.7L、60kgの場合2.1L、70kgでは2.4L、80kgの人は2.8L必要ということになります。
さらに、1日の運動量が多い人は汗をかきやすいため多めに水を飲む必要があるため、運動量や汗をかく量に応じて飲む量を調整することがおすすめです。

ただし、水はそのまま飲むだけではなく、料理にもある程度含まれている点に注意が必要です。
一般的に、1日を通して料理で摂取する水の量は1L程度と言われています。したがって、1日に2.5Lの水が必要な人は、料理以外で水を1.5Lほど飲むようにするのが良いでしょう。

水ダイエットの効果を6つご紹介

水ダイエットには、基礎代謝アップのほかに血流改善や便通改善といった効果があります。それでは、水ダイエットにはどのような効果を期待できるのか、詳しくみていきます。

イメージ

効果は大体1カ月程度であらわれる

水ダイエットは数日や1週間といった短期間で効果が出るものではなく、1ヶ月以上継続する必要があります。最初のうちは効果を感じられなくても、気長に構えて毎日続ける気持ちが大切です。

血流改善

私たちの血液の一部は水でできているため、水をしっかり飲むことで血液がサラサラになって血流が改善します。血流が良くなれば、ドロドロ血液が原因で起こる心筋梗塞や脳梗塞といった病気を防ぐ効果も期待できます。

便秘の改善

水を適切に摂取すると、便に水が含まれてスムーズに排出されやすくなります。その結果、便秘が改善して健康な腸が手に入り、美肌や肌荒れ防止といった美容効果も得られます。
キレイになりたい人は、積極的に水を飲んで便通改善につなげましょう。

代謝アップ

水を飲むと内臓の働きが活発になって、基礎代謝がアップする可能性があります。基礎代謝が高まれば、消費するカロリーが自然と上がって痩せやすい身体が手に入ります。
その結果、キツイ食事制限や運動を伴わずに、脂肪燃焼効果が高まって痩せられるはずです。

リラックス効果

水には一定量のマグネシウムやカルシウムが含まれていて、こうした成分がリラックス効果を持っているとされています。そのため、水をしっかり飲めばリラックス効果が高まって、ストレスが軽減する可能性が高いです。ストレスが多い状態だと食欲が増して太ってしまう人もいるため、ストレスを軽減することはダイエットにつながると言えます。

アンチエイジング

人の身体は60~70%が水分であるため、水をしっかり飲むと細胞の働きが活発になって、新陳代謝が高まると期待されます。新陳代謝は肌の生まれ変わりにも大きく関わるメカニズムで、アンチエイジングには欠かせない存在です。

水ダイエットで効果を実感するならエブリィフレシャスで!

エブリィフレシャスは、定額制で好きなだけおいしい水を飲める、浄水型ウォーターサーバーです。使いやすい高さの床置きタイプと、場所を取らない卓上タイプの2種類があり、水道水を注ぐだけでおいしい水をすぐに飲めます。また、6段階の温度設定が可能なため、常温水や温かい水を飲むことが大切な水ダイエットにもおすすめです。

手軽においしい水を飲めるエブリィフレシャスで、健やかでキレイな自分を手に入れてみませんか?

この記事をシェアする

関連記事

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意すること

ウォーターサーバーのお湯でカップ麺をおいしく作るために注意す...

【オフィス・法人向け】ウォーターサーバー10選!会社に置くメリットは何?

【オフィス・法人向け】ウォーターサーバー10選!会社に置くメ...

【独自調査】ウォータースタンドの口コミ&評価は?利用のメリット・デメリットも

【独自調査】ウォータースタンドの口コミ&評価は?利用のメリッ...